「山小屋ガールの癒されない日々」吉玉サキ著 出版記念トークイベントご予約受付中!/岐阜ホール通信(6)

今年の7月26日に東京・上野桜木にオープンする「岐阜ホール」。
さかだちブックスでは「岐阜ホール通信」と題してオープンまでの様子をお届けしています。

ここまでの話はこちらから
岐阜ホール通信(1)〜クラウドファンディングの巻〜
岐阜ホール通信(2)〜いよいよ“超豪華屋形船”で最出航の巻〜
岐阜ホール通信(3)〜乗組員募集終了&オープン日発表の巻〜
岐阜ホール通信(4)〜お店づくり進んでますの巻〜
岐阜ホール通信(5)〜オープンまであと3週間の巻〜


吉玉サキさん出版記念トークイベント開催!

オープンの翌日7月27日に岐阜ホール最初のイベントが開催されます。

6月21日に発売された「山小屋ガールの癒されない日々」著者の吉玉サキさんをゲストに迎えた出版記念トークイベントです。

モデレーターは岐南町のセレクトショップ「長月」オーナーのオゼキカナコさん。

10年間にわたる吉玉さんの山小屋暮らしのエピソードから、仕事や人間関係、恋愛、生き方に至るまで様々なお話が聞けそうです!

ゲストの「吉玉サキ」さんってどんなひと?

吉玉サキ著『山小屋ガールの癒されない日々』(平凡社)

ゲストの吉玉サキさんは本のタイトルにもある通り、山小屋で10年間働いていた経験を持つライター、エッセイスト。ウェブメディアcakesでの人気連載「小屋ガール通信」が書籍化されたのが「山小屋ガールの癒されない日々」です。

■プロフィール
webメディアでエッセイや取材記事を書いているライター・エッセイスト。札幌出身・東京在住の30代。イラストレーターの夫とふたり暮らし。気弱なわりに楽観的。

吉玉サキ|note https://note.mu/yoshidama2013

山小屋生活というと大自然に囲まれ、都会に息苦しさがなく、“癒されない”どころかのんびり癒されに行く場所のイメージ。でも実際には、住み込みならではの人間関係の複雑さや繁忙期の体力面などハードな生活です。本の中で吉玉さんは、そんな山小屋での日常と、そこでの経験談をわかりやすく伝えています。

ご予約はPeatixから

今回のイベントは山小屋の生活に興味がある方はもちろん、そうでない方もちょっとした日々のもやもやや、人生について考え直すきっかけになりそうです。

入場は無料、当日は本の販売やサイン会の時間もあります。
定員30名となっていますので、気になる方は岐阜ホールPeatixからお早めにお申し込みください!


「山小屋ガールの癒されない日々」吉玉サキ著  出版記念トークイベント

開催・日時:2019年7月27日(土)

18:30 開場・受付
19:00 トークイベントスタート
20:30 本の販売・サイン会・著者と交流
(21:30 終了)

会場:岐阜ホール(東京都台東区上野桜木1-4-5-2F)

参加費:無料

※カフェのため1ドリンクオーダーをお願いいたします。

定員:30名

ゲスト:吉玉サキ

モデレーター:オゼキカナコ(長月かかみがはら暮らし委員会

ご予約
こちらの「予約フォーム」からお手続をしてください。
・料金は無料です。
・Peatixに登録して(簡単です)ご予約ください。
(facebookなどのアカウントでも簡単にログインできます)
・予約方法が分からない場合は、お気軽にお問い合わせください。

《お問い合わせ》
岐阜ホールLINE
担当:オゼキカナコ
または長月のLINE・もしくはお電話(058-259-3055)


岐阜ホール<2019年7月26日OPEN!>

住所:東京都台東区上野桜木1-4-5-2F
営業時間:12:00~21:00(予定)
※7月26日は11:00~14:00
定休日:月・火曜(予定)
Twitter:@gifuhall
Facebook:岐阜ホール
Instagram:@gifuhall
LINE@:@910drwyt

2019年07月10日作成
おすすめ記事