【各務原】安心、安全な大地の恵を各務原から届ける。/ゆるラボ食堂

各務原を拠点に活動されている「ゆるラボ食堂」さんは、無農薬・無化学肥料・自然栽培などで育てられた野菜やお米を使って、イベントやワークショップを主催されています。

各務原で11月に開催された「マーケット日和」でお米の販売をしたり、KAKAMIGAHARA STANDでお米の食べ比べや、おいしい炊き方のワークショップなどを通して「日本の自然の恵み、四季折々の旬の美味しさ、素材そのものが持つちからの素晴らしさ」を伝えています。

 

ゆるラボ食堂さんのお米が育てられているのは、古くから神社にお供えするために新米を作っていた「神田(シンデン)」と呼ばれる由緒正しい田んぼ。

お米は「ハツシモ」と名付けられ、その名の通り初霜が 降りるころまでゆっくりと丁寧に育てられるのです。

 

炊き上がったゆるラボ食堂さんのお米はつやつやと美しく大粒で、冷めてもおいしいのでおむすびにしてもおいしくいただけます!

 

現在「ゆるラボ食堂のお米」は、各務原の草叢BOOKSでのみお買い求めいただけます。

言葉で聞いたでけでもおいしそうな、安心安全なお米をぜひみなさんの食卓でもお召し上がりください!

 

(「ゆるラボ食堂」さんのロゴ、イベントグッズ、パッケージはさかだちブックスを運営する株式会社リトルクリエイティブセンターが担当させていただきました。)

 


ゆるラボ食堂

H P:https://www.yurueri.com/

 

 

おすすめ記事