【土岐】土岐くらしのラボ06 / トキ便り 完成!

さかだちブックスを運営しているリトルクリエイティブセンターでは、2018年8月から土岐市役所と土岐市観光協会が主催している新しいかたちのワークショップ・土岐くらしのラボのデザインを担当させていただき、いよいよ成果物が完成しました!

土岐市在住の方々と市内を巡り、土岐の魅力を伝えるべく、でき上がったものは「とき便り」という土岐からのお便りになっています。

一般的な有名なスポットではなく、市内の方々も知らないであろうディープなところに着目。全15箇所あるので、ぜひ集めてみてください。

「とき便り」の内容物は、土岐からのお便り、MAP、土岐フォトカード、メッセージカード、宛名シールが入っています。

今までのはワークショップの様子はこちら。

フィールドワークに出かけて魅力探し、先生をお招きしてカメラや文章の勉強をして伝え方を学びました。

【土岐】土岐くらしのラボ06【vol.04】 / ふるさとの伝え方を考えよう

【土岐】土岐くらしのラボ06【vol.03】 / ふるさとの伝え方を考えよう

【vol.02】はフィールドワークのためお店紹介 / オオマツフード玄保庵

【土岐】土岐くらしのラボ06【vol.01】 / ふるさとを感じられる暮らし

お便りのタイトル / トイレのかみ、サドルーノ=サトル、 スパルタ坂道先輩、忘れ去られた器、 タイムトンネル温泉、主のいない陶房、陶芸家の食器棚、工場(こうば)の女、働くシリコンパッド、出番を待つ紺なまこ、発明家の息子、嫉妬する土、暗闇のレンガ、水気のないゾウ、海なし県の水槽の全15種類。

なんだろうと気になる名前を目指しました。

土岐の魅力的な主人公たちが、もっとたくさんのひとに土岐を知ってほしくて、手紙に思いの丈を綴っています。

こちらのフォトカードは裏面に詳細とQRコードがついており、関連写真やマップ、動画が見れるなかなか面白い仕組みになっています。

最終日はみんなでワイワイ封入作業。結構大変でした(笑)。

みんなの想いの詰まった「とき便り」は、テラスゲート土岐内まちゆい「土岐たび案内所」で販売予定です。まだ確定していないので、またご紹介させていただきます。

発見したら、ぜひお手にとってみてください!

(さかだちブックスを運営するデザイン会社、株式会社リトルクリエイティブセンターが、デザインさせていただきました)


土岐市観光協会 / 土岐市役所まちづくり推進課

〒509-5122 岐阜県土岐市土岐津町土岐口2101番地

http://www.city.toki.lg.jp/docs/10601.html

http://toki-kankou.jp/staff-blog/kurasinorabo06

まちゆい

〒509-5127 岐阜県土岐市土岐ヶ丘4-5-3

http://www.machiyui.jp

2019年05月07日作成
おすすめ記事