【各務原】らくだのパスタとくるくる書房/岐阜ランチ

2020年2月22日に各務原学びの森に「らくだのパスタ」と「くるくる書房」さんがオープンしました!

民家のようですが、ここがお店!

学びの森の端にある古民家を改装した店舗で、赤い屋根が目印!

ここはもともと「かもす食堂」として営業されていて、現在はシェアレストランとして期間限定のお店が入れ替わりで入居するスタイルになっています。

「らくだのパスタ」と「くるくる書房」は今年の夏頃までの半年間限定のお店。

月替りのパスタと、おすすめ本の交換が楽しめます!

店内はテーブル席、お座敷ともにとてもゆったりとしているので、お子様づれのお客様も気兼ねなくすごすことができるのも嬉しいところ。

らくだ型のロゴがかわいらしい。

お店の前の看板でメニューを確認。

ホタルイカにミートボール、トムヤムクン、そして牡蠣のクリームパスタ…これはどれも捨てがたい…。

おすすめを聞いてみると、「月替りなのでその時食べたいメニューを選んでいただくのが一番ですよ!」とのこと。

迷った挙句、選んだのは、

「ホタルイカと春キャベツのペペロンチーノ」!

にんにくの香りが食欲をそそり、たっぷりの具材もペロリと平らげてしまいました!

付け合わせのにんじんサラダの塩気がちょうどよく、さっぱりとしていて、オイリーなパスタの合間にぴったりでした。

さて、みなさんも気になっていると思われるのが「くるくる書房」について。

こちらの本が並んだ一室がくるくる書房です。

ここは「おすすめ本の交換所」で、お客さん同士がおすすめする本をくるくると交換できる仕組みになっているんです!

杉田さんも一冊お持ち帰り。次はおすすめ本持って来ます!

机の上に置いてあるノートに「日付・名前・本のタイトル」を記入して、気になる本を持ち帰ることができます。そして、本を持ち帰ったら次は自分のおすすめする本を本棚におさめます。

こうしてお客さんの手から手へ、くるくると回るように本が循環していくので「くるくる書房」というわけです。

ちなみに自分の本を寄贈するのは、後日でも大丈夫です。

こちらは杉田さんが本を持ち帰った本棚。会社に帰ったら同じ編集部の小瀬さんの本棚だったことが発覚してびっくり…!

訪れるたびに新しい本との出会いがあって、通いたくなりますね!

お食事の利用をしないときでも、くるくる書房は利用可能なので、気軽に立ち寄ってくださいねとのこと。

チャーミングな笑顔が素敵な店主の熊田ご夫妻。

お家にお邪魔したかのようなアットホームな雰囲気と、店主ご夫妻のあたたかい接客に、お腹だけでなく気持ちも満たされた岐阜ランチでした!

半年間限定の憩いの場、ぜひ足をお運びください。


らくだのパスタとくるくる書房

住所:岐阜県各務原市那加桜町3丁目202−2

営業時間:11:00〜15:00(LO 14:30)

定休日:水・木曜日

2020年03月13日作成
おすすめ記事