【山県】Phin and Bean

山県市でとある取材を終えたあと、近くに本格的なベトナムコーヒーが楽しめるお店ができたという噂を聞きつけ早速行ってみることに。

のどかな里山風景のなかに本当にカフェがあるのか…と思いながら、進むと看板が見えてきました!

外観は一見すると民家のようでもあります。

どんな空間なのか、わくわくしながら扉を開けると…

意外にもバーの様なモダンな雰囲気でびっくり!

しかも、マスターが全てDIYでつくった空間なのだそうです。

手作りとは思えないクオリティの高さ…!

早速、メニューを見てみると、珍しいコーヒーの名前が並んでいました。

ベトナムコーヒー初心者の杉田さんは、マスターのおすすめの、コン・サクとベトナムブレンドを注文することに。

注文を待っている間、「うちはトイレがおすすめなので、ぜひ見に行ってみてください。」とマスター。

トイレに一体何があるのだろうと不思議に思い見に行くと…

マスターこだわりの世界観が感じられました!

トイレがきれいなお店はまた訪れたくなりますよね。

もちろん、こちらの内装もマスターによるDIYです!

そうこうしているうちに、コーヒーが運ばれてきました。

ベトナムコーヒーはフィルターが特徴的。

じっくりと抽出されたコーヒーを自分でカップに注いでいただきます。

リスのフンから取れた豆を使ったコン・サクを注ぐと、ふわりとヘーゼルナッツの香ばしい香りが漂います。

しっかりとコーヒーの苦味が感じられるのに、香りは甘いのが不思議な感覚。紅茶でいうとフレーバーティーのような味わいです。

ブレンドと飲み比べてみると、同じベトナムコーヒーでも全く違う風味なのがおもしろかったです。

山県市にはPhin and Beanさん以外にも、廃校を活用したレストランやギャラリー、交流スペースなど、見どころが増えてきているのだそう!

自然豊かでドライブするだけでも気持ちが良いので(ちょっと山道ですが…!笑)、ぜひいろいろなスポットを巡ってみてくださいね。


Phin and Bean(フィン アンド ビーン)

住所:岐阜県山県市円原13

営業日・時間:

夏季 火〜日曜 8:00〜夕方

冬季 木〜日曜 9:00〜夕方

定休日:不定休 告知無しに休業の場合あり

2020年04月05日作成
おすすめ記事