【執筆情報】おもしろい地域には、おもしろいデザイナーがいる

2022年3月20日に「おもしろい地域には、おもしろいデザイナーがいる」が発売されました!

こちらの本は、「わずかな予算、想定外の作業、地域の付き合い。そんな状況をおもしろがり、顔の見える関係で仕事したり、自ら店に立ったり、販路を見つめ直したり。ディレクションも手仕事も行き来しながら現場を動かし、その土地だからできるデザインを生む。きっかけ、仕事への姿勢、生活の実際、これからの期待を本人たちが書き下ろす」というテーマのもと、全国各地21人のデザイナーが自ら執筆した著作集。

なんと著作者の一人として、さかだちブックスを運営するリトルクリエイティブセンターの今尾さんも執筆しているんです!

目次には、北は北海道から南は熊本県まで、21人の錚々たるデザイナーさんが著者として名を連ねています。

その中に、「リトルクリエイティブセンター 今尾真也」の文字が…!!

リトルクリエイティブセンターは、P117からP124まで8ページにわたって登場!

柳ケ瀬商店街にある「やながせ倉庫」から始まったリトルクリエイティブセンターの歴史、ローカルにおけるデザインの役割について、自社事業をはじめ、わたしたちが行なっているさまざまなことと「まち」や「ひと」との繋がり…。いろんなことを書き下ろしています。

実際のプロジェクト紹介では、白川村と一緒に立ち上げた「飛騨日日新聞」、創業に一から携わり、ロゴなどのデザインも担当させていただいている「喫茶室 山脈」、コミュニケーションロゴのデザインや大学と一緒にガイドブック「Gifu LIFE」の制作を行なった「岐阜聖徳学園大学」の事例を紹介しています。

さらに、「仕事・生活の実際」や「地域でデザインをするということ」についても、考えていることや想いを赤裸々に綴っています。

今尾さんが初の著作者(の一人)となった「おもしろい地域には、おもしろいデザイナーがいる」。ほかのデザイナーさんの文章もとてもおもしろくて、読み応えたっぷり。地域でデザインを志す人だけでなく、まちをおもしろくすることに興味のある方も、きっといろんな発見があると思いますので、ぜひご購読くださいね!

2022年3月11〜13日に福井県で開催された「RENEW」で行われた編著者、著者、編集者10名による出版記念トークにも今尾さんが登壇しました!


おもしろい地域には、おもしろいデザイナーがいる

発売元:学芸出版社
体裁:四六・192頁(96頁カラー)
定価:本体2,400円+税
ISBN:978-4-7615-2810-2
発売日:2022年3月20日
詳細:https://book.gakugei-pub.co.jp/gakugei-book/9784761528102/

2022年03月30日作成
おすすめ記事