【柳ケ瀬】bhanglassi/岐阜ランチ

再開発事業に伴い、閉店してしまったお店も多くある髙島屋南地区。

完全に閉店してしまうのか、それとも移転オープンしてくれるのか、お気に入りのお店の行く末にハラハラされた方も多いのではないでしょうか?

その中でもとくに注目されていたお店のひとつ、カレーの文化屋食堂さん。

一度口にしたらハマらずにはいられない「覚醒カシミール」と名付けられた薬膳カレー。もしこれがもう二度と味わえないとなろうものなら、嘆き悲しむ人の数は計り知れませんね。

移転オープンしてくれるらしい…という噂がありつつも真相はハッキリとせず、悶々としていたらなんと年末に移転が決まったとの嬉しいお知らせが!

移転先は旧長崎屋前にあるパン屋 ロンドンさんの2階。同じ柳ケ瀬商店街内での移転に、ホッと一安心です。

脇にある階段の入り口には、ちょこんとした手書きの看板の姿。

看板の文字をよく見ると…「bhanglassi」?

お店の場所を間違えた…!というわけではなく、「カレーの文化屋食堂」はあくまでも閉店、ここからは「bhanglassi」としてお店を構えます。心機一転スタートです!

お店に入る前から漂っているスパイスの良い香りに、意気揚々と階段を上がっていく荒巻さんと中村さん。

扉が開くと、店内にはすでにたくさんのお客さんがいらっしゃいました。

窓側の席に案内していただくと、商店街の通りを見ることができます。 この位置から覗くロイヤル40もなかなかいい。

以前は数種類あったメニューは今回から「覚醒カシミール」一択になりました。実はこの日が初めてだという荒巻さんと中村さん、ワクワクとした笑顔が止まりません。

それにしても、席についてからも絶え間なくお客さんがいらっしゃいます。みなさん本当にオープンを心待ちにされていたんですね。

お喋りに花を咲かせていると、あっという間に運ばれてきました。みなさんお待ちかねの薬膳カレー[覚醒カシミール]です。

見るからにスパイシーで覚醒しそうだというのが伝わってくるこの見た目。「スッキリしてくださ〜い」という店主さんの変わらない気さくで気楽な声に、本当に移転オープンしてくれて良かったとしみじみ思います。

初めての覚醒カシミール、いざ!

「ん〜〜〜!!!!!」

スパイスたっぷりで辛いけれど、スッキリと突き抜けてゆくような爽快感がたまりません。

口にした人々を次々にトリコにしていく覚醒カシミールは新店舗になっても健在です。

みなさんもぜひ、「脳みそスッキリ」覚醒しちゃってください!

 

…ちなみに、店名については「ちょっとふざけちゃいました!」とのことですが、それぐらいスッキリ覚醒するようなクセになるカレーですよ、という意味だそうです。果たしてどんな名前なのか、気になった方は調べてみてくださいね!

 


 

bhanglassi

営業時間 昼/11:30〜15:00 夜/17:30〜21:00(昼の部、夜の部 共にオーダーストップは閉店30分前)

※売り切れ時は早仕舞いします

定休日 月・火(祝日の場合は営業)

住所 岐阜市 日ノ出町 1-10 ナカデンビル 2F

2019年01月27日作成
おすすめ記事