【奈良】とほん

さかだちブックスの本棚があるALASKA BUNGUのスタッフ、松本さんがお伝えした「とほんさんの栞展」が大盛況に幕を閉じ、弊社メンバーで「とほん」さんにご挨拶へ伺いました。

とほんさんがある、奈良県大和郡山市の「柳町商店街」はレトロな雰囲気。

この日は「ひなまつり」の歌が聞こえてきました!

141軒ものお店やお家でひな人形の展示が公開されていて、団結力の強さに心惹かれます。

大和郡山市は「きんぎょのまち」で有名です。貴族や豪商の愛玩物として、江戸時代から盛んな名産地となったのだそう。

マンホールにも! 街中のあちこちに金魚モチーフや、本物の金魚が泳いでいます。

街の雰囲気を楽しみながら歩いていくと商店街入り口にある、とほんさん到着です! 本と雑貨を販売する6坪ほどの本屋。店名の「とほん」は「雑貨とほん」「大和郡山とほん」「人とほん」「町とほん」など、いろいろなものごとに「と、ほん」と繋がっていけたら……と名付けられたそうです。

「とほん」という言葉を辞書で引くと「ぼうぜん、ぼんやり」という意味もあり、ひとつひとつの本や雑貨をぼんやりと眺めてゆるやかな時間を過ごしていただければと考えられています。とってもよい名前です。「さかだちブックス」のネーミングの浅はかさが恥ずかしい(笑)。

噂をすれば、奈良のマンホールをまとめた本が出ていました。金魚も載っています。この本を持っていろんな街を回りたくなります。余談ですが、マンホールを好きな女子を「マンホール女子」、「蓋女」というらしいです。

あ、とほんさんのオリジナル本と学習シール【奈良版】を発見!

ブックレットホン、とほんさんらしい素敵な名前です。学習シールはALASKA BUNGUと一緒に作ったコラボ商品です。

店内にもやっぱり金魚が! ゆらゆら泳ぐ姿に癒されます。

所狭しとおすすめな本が詰まっていて、何時間でも愉しめます。

 

 

朗報です!

栞展は終わってしまいましたが、ありがたいことに「鹿の栞」と「奈良のブックマーク」は、引き続きお取り扱いいただけることになりました!

ぜひ奈良へ行く際は、お立ち寄りください。

 

(道中で見つけた「さかだち」獅子です。勝手に親近感(笑)。)

じっくり回ったのは初めてでしたが、奈良旅行、おすすめです!


とほん

住所: 奈良県大和郡山市柳4-28

営業時間:11:00~17:00

定休日:木曜

HP:https://www.to-hon.com/

2019年03月16日作成
おすすめ記事