【岐阜】スパイスカレー専門店 Spice Addict/岐阜ランチ

岐阜市鶴舞町に2020年7月3日にオープンしたばかりのスパイスカレー専門店「Spice Addict」さんに、早速ランチに出かけました!

場所は梅林小学校の近くで、斜め南向かいの「中華料理 清水」さんの東隣に駐車場もあります。

工事をしているときから、「カレー屋さんらしいよ!」「いつオープンかな…」と編集部の中で噂になっていたお店です。

店内はカウンター席のみで9席ほど。まだオープンして間もなかったのですが、すでにリピーターのお客さんもいて、賑わっていました。

メニューはチキン、ポーク、豆ときのこ、好きな2種類が選べるあいがけの4つ。パクチーや半熟卵のピクルスのトッピングもできます。

忙しそうだったので詳しいお話は聞けませんでしたが、女性二人で始めたお店のよう。整然としたキッチンで、てきぱきと調理しています。コンロにはカレー皿を温めるお鍋も。ちゃんと温かいお皿で出してくれる細かな気遣いに、ますます期待値が上がります!

そして、いよいよカレーが登場!

スプーンを片手に待ちきれない様子の河瀬さんと、すっかりモデル役が板についている今泉さん。

チキンカレー 900円

河瀬さんが注文したのは「チキンカレー」。まず、見た目から美しくて、食欲がそそられます!カレーはそれほど辛くなく、よく煮込んである手羽元は、フォークで簡単にほろほろと身が骨からほぐれます。

ポークカレー 900円

今泉さんが頼んだ「ポークカレー」は、メニューにも豚肩肉を3種のビネガーでマリネしていると書いてある通り、酸味があって、結構しっかりと辛め。豚肉がゴロゴロと入っていて、ボリュームがあります。

そして、横山さんと高野さん、臼井さんは「あいがけ」をチョイス!

豆ときのこのカレーとチキンカレーのあいがけ 1,000円

豆ときのこがたっぷり入ったカレーと、ココナッツミルクとカシューナッツが入ってマイルドな辛さのチキンカレーは、相性もばっちり。

付け合わせの野菜でも味に変化が起こるので、とにかくいろんな味を楽しんでいるうちに、あっという間に完食してしまいます!

チキンカレーとポークカレーあいがけ、半熟卵のピクルストッピング 1,100円

チキンとポークのあいがけを食べた臼井さんは、「これは飲めるタイプのカレーやな!」と大絶賛(笑)。卵のピクルスも半熟加減が絶妙だったそう!

ちなみに、店名のAddictという英語は「中毒にさせる」という意味。

まさに、ついまたリピートしたくなる中毒性のある本格派スパイスカレーでした!みなさんもぜひ、味わってみてくださいね。


スパイスカレー専門店 Spice Addict

住所:岐阜市鶴舞町1-19-8

営業時間:11:30 〜14:30

定休日:日曜

2020年07月15日作成
おすすめ記事