【岐阜】サンドイッチ専門店「SANDS」オープン!

金公園の東に2020年6月27日にオープンしたばかりのテイクアウトサンドイッチ専門店「SANDS」さんに、早速、行って来ました!

サンズ外観

以前はお花屋さんがあった建物ですが、すっかり違う雰囲気に。黒を基調としたシックな外装は、まるでニューヨークの街角にあるお店みたいです。

店内

店内も黒でまとめられています。伺った日はまだオープンして間もなかったため、開店祝いのお花がたくさん飾られていました!

ちなみにロゴのSANDSの文字の上には小さく「sando no meshiyori」とあります。“三度の飯より、サンドイッチを!”なんて、ユーモアがありますよね。

ショーケース
サンドイッチは350円〜。どれもボリュームがあるので、ランチにもぴったり。

ショーケースには、惣菜系からフルーツ系までのサンドイッチがずらり。毎日13〜15種類ほどが並びぶそうです。

実はこちらは、創業から35年以上にわたってスーパーなどにサンドイッチを卸してきたリッチバーガーさんが、アンテナショップとしてオープンしたお店。だからこそ、これほど充実したラインナップが実現できるんですね。

「半熟卵とキャロットサンド」や「胚芽パンのハーブチキン&たまごサンド」のこの厚み…!

人気はフルーツサンドだそうですが、定番の「バナナチョコサンド」のほかにも、メロンやキウイ、みかんなど、季節のフルーツがたっぷり入った美味しそうなサンドイッチばかりで目移りしてしまいます。

さらに、1日8個限定の「レインボーパンのMIXフルーツサンド」なるものも…!

ボローニャのパン

フルーツサンドには、京都祇園生まれの「ボローニャ」さんの食パンが使われています。レインボーパンのインパクトがすごい!

SANDSさんのオープンを楽しみにしていた今泉さんは、どれにしようかと選ぶ表情が真剣そのもの(笑)。

さて、どのサンドを選んだのでしょう…?

ボックス

SANDSさんでは、たくさん購入した場合など必要に応じて、こんな素敵な箱に入れてくれるので、ちょっとした贈り物やおみやげにもいいですね。

サンドイッチ
(写真左から)半熟卵とキャロット 400円、たまご&ポテト 350円、バナナチョコサンド 400円、レインボーパンのMIXフルーツサンド 800円

じゃーん!

箱を開けると、見た目も楽しいサンドイッチが登場!

フルーツサンドの生クリームは時間が経っても緩まないように工夫してあったり、卵は冷凍の液卵を使わずに新鮮な卵だけを使ったり、ポテトサラダも手作りしていたりと、どれもこだわりが詰まったサンドイッチです。

臼井さんと今泉さん

臼井さんと今泉さん、すぐにでも食べたそうにしているところを引き止めて、パチリ。そのあとは、編集部のみんなで美味しくいただきました!

オープン初日はなんと2時間で完売してしまったというSANDSさんのサンドイッチ。ぜひ、みなさんも食べてみてくださいね。

(ロゴやグラフィックツール、ドリンクメニュー看板などの制作はさかだちブックスを運営する株式会社リトルクリエイティブセンターが担当させていただきました。)


SANDS

住所:岐阜市八幡町37-3

営業時間:10:00〜17:00(無くなり次第終了)

定休日:水曜

Instagram:@sands.3100

2020年07月07日作成
おすすめ記事