【養老・輪之内】moriwaku market

昨年秋、イオンモール養老店・輪之内店に「moriwakumarket」がオープン。

もともとスーパーだった空間が、休憩所や遊具、カフェなどが集まる屋内広場に生まれ変わり、地域のコミュニティを育む新たな拠点となりました!

 

日本の森をもっと“ワクワク”


moriwakuは「日本の森をもっとワクワクさせる」を掲げたプロジェクトで、ウェブサイトやカフェ、物販を通して日本の森を元気にする仕組みをつくっています。

今回養老と輪之内で始まったmoriwakuマーケットはリアルな場として、日本の森林に関わる情報の発信やコンテンツづくりをする試みです。

moriwakuウェブサイト:https://moriwaku.jp/

 

moriwakuマーケット養老店/アスレチックやハンモックなど、お子様がアクティブに楽しめる遊具が充実。

 

moriwakuマーケット輪之内店/ゆるやかな凸凹の芝生が印象的。広々と抜けが良く、親御さんからの目がお子様に行き届くので安心。

国産材をふんだんに使った空間は木材のいい香り。

カフェや物販など、これから中央の広場をぐるりと囲むように各店10店舗ほどのテナントが入る予定です。

天気の心配がなく、砂や泥で汚れることもないので、安心して思い切り遊ぶことができます!

 

輪之内店の特徴は何と言っても、広々とした中央の芝生。

ここは土足厳禁なので、専用の靴袋に靴をしまうのがルールです!

小さなこどもたちが楽しそうに遊んでいるのを見ていたら、杉田さんも我慢できなくなったようで、ちょっとお邪魔することに。

 

凸凹としているのは、実はもともとの地形に沿うように設計したから。

芝生がふかふかで気持ちよく、駆け出したり、寝転がったり、気ままに過ごせます。

 

お子様だけではなく、カフェのコーヒーを片手にくつろぎながらデスクワークをしたり、ランチをするのにもおすすめです。

この日はお子様は広場で駆け回りお母さんはカフェでお茶をする姿が微笑ましかったです。

 

産地や生産工程にこだわったメニューの数々

カフェのメニューにはさかだちブックスで何度も取材させていただいている「ひるがのラシェーズ」さんのマフィンもあってびっくり!

moriwakuマーケットにはこうした小さな繋がりや発見がいたるところに散りばめられています。

 

木材で日本一周!


柱の木をよく見てみるとそれぞれにQRコードが印字されたステッカーが貼ってあります。

実は、空間全体に47都道府県の木材が使われているというのがmoriwakuマーケットの特徴。

 

スマートフォンでQRコードを読み取ると産地の情報をゲットできます!

目で見ただけではわからない産地の違いがわかると、安心や信頼につながりますね。

だんだんと日本の森のことが気になってきました。

 

世界でここだけ! テクノスポーツ「HADO」


と、ここで、案内してくださったスタッフさんが何やら気になるものをご紹介してくださいました。

目の前に現れたのは、壁面に描かれたゲームのような画面。

実はこれ「HADO」というゲームのフィールドです。

テクノスポーツと呼ばれるアクティビティで世界大会も開かれているそうですが……百聞は一件に如かず。状況が掴めないまま、杉田さんがチャレンジすることに!

 

まずは専用のメガネと手首にセンサーを付けて準備完了。

「あ、何かモンスターが見える!!」

メガネにはスマートフォンが設置されていて、その画面にはゲームの世界が映し出されているのです。

ただし、その映像は本人にしか見えていないので、側から見るとものすごくシュール(笑)。

 

ちなみに、杉田さんはこんな世界で戦っています。

手首についたセンサーによって腕を振ると攻撃ができ、モンスターを倒すというシンプルなゲームです。

 

静止画でお伝えするのが非常に難しいですが……実際にやってみると、ゲームではなく「テクノスポーツ」と呼ばれる所以が分かるくらい息が上がりました(笑)。

世界中で楽しまれているゲームですが、これだけ環境が整っているのは世界でもここだけなのだとか。

3ゲーム500円で体験できますので、運動不足解消にぜひチャレンジしてみてください!

 

地域の公民館のような存在に


カフェやアクティビティのほかに、マーケット内には国産材や自然素材にこだわった雑貨が並びます。

木ってこんなに応用できるんだ! と驚かされるアイディア商品の数々に見入ってしまいました。

「国産材」というだけでなく、さらにその先の生産地までがわかるように商品のポップは都道府県のマーク入りで、「地域材」として扱うことを大切にされています。

 

様々な切り口から「日本の森」に触れられるmoriwakuマーケット。

ゆくゆくは地域の方が将棋をしたり、運動会などのイベント会場として使ったり、公民館のような「地域コミュニティの場としての役割」を担っていきたいというのがmoriwakuマーケットの想いです。

これからお店が入ったりイベントが開催されたり、ますます賑やかな空間になりますので、日常の色々なシーンにぜひご利用ください!


moriwakuカフェ養老店

住所:岐阜県養老郡養老町宇田字郷勺582番1

営業時間:10:30〜18:00(カフェは11:00〜LO17:00)

HP:https://moriwakumarket.jimdo.com/

 

moriwakuカフェ輪之内店

住所:岐阜県安八郡輪之内町四郷新開280番1

営業時間:10:30〜18:00(カフェは11:00〜LO17:00)

HP:https://moriwakumarket.jimdo.com/

 

2019年01月24日作成
おすすめ記事