【名古屋】これからの介護と福祉の仕事を考えるデザインスクール / 地域発表会 当日!

2019年2月17日(日)、「これからの介護・福祉の仕事を考えるデザインスクール」の中部ブロック「地域発表会」が名古屋のグローバルゲートで行われました。

 

このスクールを運営している、コミュニティデザイン事務所studio-Lの代表・山崎 亮さんと勉強家・兼松 佳宏さんによる講評とトークショーも開催されました。

みなさんのトーク力に引き込まれます。

 


今回、さかだちブックスを運営している株式会社リトルクエイティブセンターでは、第4、5、6章のみなさんが考えた企画をデザインでお手伝いさせていただきました。

 

第4章 要介護状態になった人だけが働ける会社をつくろう!では、新しい世帯のカタチが生まれる可能性を持っている企画と好評。

 

第5章 これからの介護の求人はこれだ! 「俺の求人票」では、幾何学で楽しそうな展示になり、今後、どう繋げていくのか。次回、3月の「東京での合同展覧会」までに実際にマッチングしてみることとなりました。

 

こちらはリトルの荒巻さんがデザイン。嬉しそうに見ています。

 

丸・三角・四角をつかって、オリジナルのバッジまで制作してくださっていました! かわいいー!!

 

第6章 おやじの介護がリアルにわかっちゃうゲームが登場では、実際にゲームをプレイして楽しんでいただきました。

実用に向けて調整が必要ですが、商品化まで目前といったところです。

ゲームをしている動画まで制作してくださっていました! 感激です。

そのほかにも、素敵な企画がたくさんありました!

3月には全国のアイデアが東京に集結します。

ぜひ足をお運びください。

3/21 (木)〜25(月)「おいおい、老い展 生き方・福祉・介護を考える5日間」@アーツ千代田3331 1階ギャラリー


これからの介護と福祉のものがたり 名古屋発表会

日時:2019年2月17日(日)11:00〜17:00

場所:グローバルゲート1階 アトリウム

2019年02月21日作成
おすすめ記事