【各務原】ALL YOURS 試着販売会&トークイベント開催レポート

2019年6月15、16日にKAKAMIGAHARA STANDにてファッションブランド「ALL YOURS」さんの試着販売会&トークイベントが行われました!

今回のイベントは「着たくないのに毎日着てしまう。ジャケパン試着販売会」と題したALL YOURSさんの47都道府県日本全国行脚ツアーの1会場として開催。

さかだちブックスははじめての協賛としてお手伝いさせていただきました!

「着たくないのに毎日着てしまう?」「試着販売会?」「日本全国行脚?」……タイトルだけでも気になるキーワードだらけのイベントの様子をお届けします。

 

「ALL YOURS」って?


ALL YOURSさんは「インターネット時代のワークウェア」をコンセプトに服づくりをされているファッションブランド。

仕事と日常の境界線がインターネットの力を通して曖昧になってきているこのご時世で、仕事着としても日常着としてもストレスなく洋服を開発されています。

着ている時のストレスはもちろん、お手入れの時もあらゆるストレスを取り去って、機能性を追求したのがALL YOURSの洋服!

色褪せしない黒パンツ、身にまとう毛布、コットンなのに防水のパーカーなどなど、目からウロコの商品を多数企画されています。

さらにALL YOURSさんを一躍有名にしたのが、2015年から24ヶ月連続で挑戦されていたクラウドファンディングです。

約2ヶ月に1つのプロジェクトを2年間続けるというなんともクレイジーなプロジェクト。

今回のイベントはその最終回として企画されました。

2年間、クラウドファンディングを通して出会った全国の方々とリアルな場でコミュニケーションをとり、ALL YOURSの哲学を体験してほしい! そんな想いから立ち上がった企画だそうです。

「会場で試着をしてWEB上で注文する」というユニークな販売方法で全国をツアーされています!

 

EVENT 試着販売会


会場のKAKAMIGAHARA STANDには2日間限定でシャツやジャケット、パンツなどがずらりと並び、いつもとはちょっと違う雰囲気に。

ユニセックスでつくられているALL YOURSさんの洋服は、一見するととてもシンプルなのですが、そのシンプルさのなかにたくさんの哲学が詰まっています。

無駄な装飾は一切ないので、選ぶときにも自然と機能性に目がいきます。

代表の木村さんの解説を聞きながら、男性も女性も、お子さんも大人も、みなさん真剣に選んでいました。

(商品のご購入はこちらから)

 

TALK オールユアーズ的モノづくりの話


初日の夜は、ALL YOURSの代表 木村昌史さんのトークイベントも開催!

モデレーターには岐南町のライフスタイルショップ「長月」の店主 オゼキカナコさん、ゲストには現在クラウドファンディングを実施中の刺繍工房「ユタカ工房」3代目 加藤千尋さんをお迎えして、「服」「ものづくり」「クラウドファンディング」をキーワードにお話いただきました。

 

「ファッション」としての洋服ではなく「もの」としての洋服が好きだという木村さん。

今は多くの人が洋服をファッションとして捉えることが普通になっているなかで、もっと機能に目を向け、仕事をしているときもプライベートでも快適に過ごせる服づくりをされています。

たしかに、洗濯している時も含めれば24時間付き合い続ける存在である洋服なのに、本来の機能から離れていってしまっているような気がします。

「なぜ、洋服にフードが付いているのか?」「ジーパンの金具はなぜ打たれているのか?」そういった当たり前を問うことからALL YOURSさんのものづくりは始まるのです。

普段は刺繍というファッション性が高いものづくりをされている加藤さんも、ALL YOURSさんの哲学に共感して、クラウドファンディングで支援をしたり、イベントのお手伝いをしたりするようになり、その縁が広がり今回登壇されることとなったそうです。

 

そして、3人の共通点は洋服を扱っているということのほかにもう一つ、「クラウドファンディング 」のオーナーであるということです。

みなさんそれぞれクラウドファンディングという手段をうまく使ってプロモーションされています。

クラウドファンディングというと「資金集め」の手段だと捉えられる方が多いかもしれませんが、3人の話を聞いていて、単なる資金集めではないということがよく伝わってきました。

木村さんが現在実際にクラウドファンディングの最終回として全国ツアーを開催し、各地で支援者の方とリアルにつながっている(2年間の成果で47都道府県すべてに支援者がいらっしゃるのだとか…!)ように、クラウドファンディングはある意味では活動に共感してくれるお客さんとのコミュニケーションツールのようです。

「クラウドファンディング の使い方が上手い人は自分が話して見たい人に支援するんですよね。」そんな木村さんの言葉が印象的でした。

 

興味深い話題がたくさん詰まった1時間半はあっという間に過ぎていき、トーク終了後はみなさん1着1着真剣に着心地を確かめていました。

その場で購入するのもよし、家に帰ってからもう一度考え直すのもよし。

現物が現場にないから押し売りができず、お客さんにもじっくり哲学を体験して買ってもらうという誠実な販売方法が新鮮でした。

 

ALL YOURS木村さんの全国行脚はまだまだ続きます!

ぜひみなさんもどこかでALL YOURSの哲学に触れてみてください。

 

ゲストのクラウドファンディングはこちら



【終了】『オールユアーズ的モノづくりの話〜なぜクラウドファンディングを使うのか?』

▷日時:2019年6月15日(土)
▷時間:受付19:00~

トークイベント19:30~21:00

トーク後、交流やジャケパンの試着など可能です。

(クローズ 22:00)

▷場 所:KAKAMIGAHARA STAND

岐阜県各務原市那加雲雀町10-4

058-389-8979

▷入場料:1000円(1ドリンク付き)
▷定 員:40名
▷スピーカー:ALLYOURS 木村昌史

▷スピーカ:ユタカ工房 / iCONOLOGY 加藤千尋
かかみがはら暮らし委員会 / 長月 オゼキカナコ

 

2019年06月19日作成
おすすめ記事