さかだちぶらり旅・尾道編4「自転車とホテル」

西へぶらり、東へぶらり。どうも「さかだちぶらり旅」です。

今回、さかだち一行(3人)は「広島県尾道市」にやって来ました。広島市と岡山市のちょうどあいだに位置し、瀬戸内海に面し、文学の街、映画の街としても有名です。今回の旅の目的は、「しまなみ海道」という、本州の尾道から四国の愛媛県今治までの島々を橋で繋いだ海道を車で渡ること。さて、どんな旅になるのでしょうか? どうぞご覧ください。

 

さかだちぶらり旅・尾道編1「初めまして、尾道」(2018.8.22更新)

さかだちぶらり旅・尾道編2「ザ・観光スポットへ」(2018.9月1日更新)

さかだちぶらり旅・尾道編3「ひたすら食べる」(2018.9月8日更新)

さかだちぶらり旅・尾道編4「自転車とホテル」(2018.9月15日更新)

さかだちぶらり旅・尾道編5「さらば、本州」(2018.9月24日更新)

・さかだちぶらり旅・四国編〜(2018.10月以降更新予定)


 

オシャレなスポットやお店が多い尾道ですが、その中でも一際オシャレな建物「ONOMICHI U2」に来ました。

こちらは、もともと県営の海運倉庫だった建物をリノベーションし、中にはカフェや自転車メーカーのショップ、ベーカリーやライフスタイルショップやホテルなどが入った施設です。

こちらは“自転車”にコンセプトを置いている、他にはない施設で、尾道から愛媛の今治市までをつなぐ「しまなみ海道」と一緒に世界からサイクリストが集まるスポットです。

さかだち一行は今回、自転車ではなく自動車で来ましたが、もちろんサイクリスト以外の方でも充分楽しめます。

 

もともと倉庫だった無骨さを残しつつ、リノベーションが行われています。

建物の奥が、自転車と泊まることができるホテル「HOTEL CYCLE」。

一緒に泊まるといっても、自転車と添い寝するわけではありませんが、自転車を部屋の中まで運び、自転車のメンテナンスや、自転車を眺めながら部屋でくつろぐことが出来るらしいです。いつか泊まってみたい…。

 

建物内のカフェで休憩。ちなみにこの後ろがホテルです。

 

そんなこんなで、ONOMICHI U2を後にし、尾道を満喫したさかだち一行は本州から四国に向かうことにしました。

本州から旅立つ、お迎えの船がやってまいりました。

それにしても、船っていつでもワクワクします。(海なし県の人特有の感覚か?)

 

ついに次回、さかだち一行は本州をから四国へ入ります。

では次回もお楽しみに。

(第5話へつづく)

 

 

 

おすすめ記事