【東京】清澄白河〜蔵前〜田原町おすすめスポット6選!

東京の中でも落ち着いた雰囲気で、カフェや雑貨店など個人店の多い清澄白河。

この日は清澄白河から出発して、隅田川対岸の蔵前・田原町エリアまで散策するとおもしろいスポットをたくさん発見したのでご紹介していきたいと思います!


①ごはん屋 今日/リトルトーキョー

まず最初に訪れたのは週末限定ランチをされている「ごはん屋 今日」。

もしかしたら、リトルトーキョーの名前でご存知の方が多いかもしれません。

日本仕事百貨」を運営されている会社の事務所でもあり、イベントスペースでもある建物で、1階は昼は食堂、夜はバーとして営業されています。

ランチの様子は先日の記事でご紹介していますので、どうぞご覧ください!

住所:東京都江東区三好1丁目7−14 リトルトーキョー
営業時間:12:00~15:00
営業日:金・土・日曜


②Coci la elle(コシラエル)

リトルトーキョーさんで素敵な傘の専門店がありますよ、と教えていただいたのが「コシラエル」さん。

控えめな佇まいなので、ちょっと緊張しながら扉を開くと……

店内の完成された世界観に圧倒されました。

もともと1点物の日傘屋としてスタートし、店員さんによると店頭の商品の中にも1点物の傘も並んでいました。

持ち手の部分や留め具はカスタマイズできるようで、細かな部分まで手にするのにはもったいないくらい美しい作品ばかりでした。

住所:東京都江東区三好2-3-2,1F
営業時間:11:00~18:00
定休日:年中無休(正月以外)
HP:https://www.cocilaelle.com/


③POTPURRI(ポトペリー)

たまたま歩いていて見つけた雑貨屋さんで店内を見ていると「ここの陶器はほとんど岐阜で作っているものなんですよ。」と店員さんが声をかえてくださったのでびっくり!

ポトペリーさんでは岐阜の多治見や土岐の職人さんと一緒にオリジナルの陶器をつくっています。

伝統的な美濃焼に現代的で遊び心あるデザインを加えた商品はどれもかわいらしくて欲しくなってしまいました……!

商品はオンラインショップでもご覧いただけますので、ぜひチェックしてみてください。

住所:東京都江東区白河2-1-2
営業時間:11:00 ~19:00
定休日:月曜
HP:http://www.potpurri.co.jp/


④fukadaso

散策を続けていると、突然トタン張りのかっこいい建物が現れました!

どうやら1階はカフェで他にもお店やギャラリーが入っているようです。

この雰囲気、どこかで見たことがあるような……やながせ倉庫とそっくりです(笑)。

建物の中は古い小学校のような雰囲気。

もともとアパートだった「深田荘」をリノベーションプロジェクトにより「fukadaso」として生まれ変わったそうです。

レトロな雰囲気が好きな方にはたまらない空間。ぜひお立寄りください!

住所:東京都江東区平野1-9-7
HP:http://fukadaso.com/index.html


 

清澄白河から蔵前へと場所を移動……

 

 

⑤カキモリ

この春リニューアルオープン予定の「カキモリ」さんは、もともとオリジナルノートのお店でした。

表紙や留め具、用紙を選んでオリジナルのノートにカスタマイズすることができます。

春からは「手紙の店」に移行するとのことで、現在は「カキモリがつくったノートコレクション」の展示販売を開催中です。

パソコンやスマホに頼りがちで、ペンを持つ機会が少なくなってきた……という方も、ノートがちょっと特別なものになると書くことがたのしくなるはず!

春からの新しいお店も楽しみですが、ぜひこの機会にお気に入りのノートを探しに足をお運びください。

住所:東京都台東区三筋1-6-2
営業時間:12:00~19:00
定休日:月曜
HP:http://kakimori.com/


Readin’ Writin’ BOOK STORE

最後に訪れたのは蔵前から徒歩10分ほどの田原町。

店名の読み方は「リーディンライティン」。

響きがリズミカルでかわいらしい、2017年4月にオープンした本屋さんです。

決して広くはないスペースですが、小説、アート系、文芸書など並ぶ本のジャンルは幅広く、特に絵本が充実している印象でした!

イベントも積極的に開催されていたり、ちょっとした飲み物を置いていたり、色んな楽しみ方ができそうです。

住所:東京都台東区寿2-4-7
営業時間:12:00~18:00
定休日:月曜
HP:http://readinwritin.net/


東京はその情報量と時間の速さに飲まれて、目的地を電車で渡り歩くような動きをしてしまいがち。

でも歩いてみると、都会にいることを忘れてしまうようなこぢんまりとして落ち着くお店と巡り会えるはず!

ぜひみなさんも東京散策してみてください。

2018年02月15日作成
おすすめ記事