【大垣】南原食堂/岐阜ランチ

大垣城から南東方面に徒歩5分ほどにあるシェアオフィス「studio3」の2階においしい洋食がカジュアルに楽しめる食堂があります。

本町2の信号の目の前に建つ4階建てのビルがその場所。

 

建築事務所のTABさんと、デザイン事務所のGOCCOさんが共同でプロドゥースされているビルで、噂の「南原食堂」さんは2階のオープンスタジオ内にあります!

 

「今日のメニューはこんな感じね〜。」と出迎えてくださったのが、店主の南原さん。兄弟でお店を営まれています。

南原さんのゆるーい空気が絶妙に居心地よくて、店内はこのビルで働いているおしゃれな若者から、スーツ姿のサラリーマン、話に花を咲かせる女性グループまで、幅広い世代で店内はいっぱいでした。

(ちなみにこちらの黒板は毎日InstagramFacebookで配信されていますのでチェックてみてください!)

ベーコンと鮟鱇のフレッシュトマトパスタ(800円)

お店の雰囲気は食堂という響きがぴったりのカジュアル空気感なのに、料理が本格的で本当においしくて、そのギャップが南原食堂の良いところ。

ランチには全てスープとサラダ、ドリンクがついてきます。

この日のスープは「ライムリーフ香るブイヨン」で、サラダのドレッシングは「オリーブとケッパーのタプナート」。

聞き慣れないカタカナが並んでいますが、食べればそのおいしさがよくわかります!

 

キーマカレー(800円)

半熟の目玉焼きがとろっとルート混ざって相性抜群!

辛さはほとんどなくとても食べやすかったです。

 

日替わり(800円)

この日はチキンソテーフルーツとチーズのソース。

フルーツとチーズの組み合わせが珍しく、色鮮やかて見た目にもおいしい一品です。

フルーツのさわやかさとチーズのコクが合わさって、今までに食べたことのない風味。

 

実はこの日は大垣方面での取材の帰りに立ち寄ったため、いつもとは違うメンバーでした。

地元の方にも大人気のようで、ラストオーダーの14時近くになると、「今日はもうご飯がなくなっちゃった。ごめんねー!」とのことで、引き返すお客さんも。

南原兄弟のセンスが光る絶品料理と、絶妙なお店の空気感をぜひ味わってください!


南原食堂

住所:岐阜県大垣市本町2-26 ST3 2F

営業時間:12:00-14:00(夜は予約制)

定休日:月曜、第三火曜日

2018年02月26日作成
おすすめ記事