「TROPE HACKS 4.0」川合優×graf 開催中!

2019年7月2日〜15日(月)に大阪にあるgraf studioにて木工家の川合優さんのモックアップの展示「TROPE HACKS 4.0」が開催されています。

TOROPEはクリエイティブユニットgrafさんのオリジナルプロダクトのシリーズで、あらかじめ決められた用途や役割を与えられていないのが特徴です。

今回は哲学者、木工家、建築家など様々な領域で活躍されている方々と協働してTOROPEの概念を共有し改めて考える企画 を「TROPE HACKS4.0」として開発中。

第2弾は岐阜県出身の木工家であり、SOMAのディレクターをつとめる川合優さんとの協働です。

川合さんはSOMAの活動を通して日本の森の魅力や国内の木材を利用することを伝えています。

そのため、今回の作品も木材のことを自然に意識できるようなものが中心で、モックアップのメインとなるものの素材は日本の杉やひのきを選んでいるそうです。

作家プロフィール

川合優 Masaru Kawai
木工家・SOMA ディレクター。1979 年、岐阜県の農家生まれ。山を駆け回り、親類の経営する工務店で遊んで育つ。2001 年に京都精華大学建築専攻卒業後、飛騨での木工修行、京都での家具修行を経て2007 年に独立。自身の作品制作に加え、2016 年にSOMA を立上げ、同ブランドのディレクターとして森と人とを繋ぐ活動をしている。

SOMA
2016 年に木工家 川合優を中心に設立されたライフスタイルブランド。日本産の木材を使用した商品をデザイン・生産するほか、椅子作りワークショップや森を歩くフィールドワークの開催などを通して、様々な角度から森や木の魅力を
発見できる活動を展開。また、地域と連携した森づくりや森林資源の活用などにも関わり、日本の地理的な特性を背景として古くから育まれてきた「木と共に暮らす文化」を伝えている。ブランド名SOMA は、杣人( 山で働く人)、杣仕事( 山での仕事) などに使われていた「杣( そま)」に由来。

会場のgraf studioはデザイン性、機能性に優れた色々な暮らしの道具と出会えるショップや、カフェも併設されていますので、3連休のお出かけにぜひお立ち寄りください!

撮影/黒越 啓太(graf)


「TROPE HACKS 4.0」川合優×graf

会期:2019年7月2日〜15日(祝)
会場:大阪府大阪市北区中之島4丁目1番地9号 graf studio
営業時間:11:00 – 19:00
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日休)

2019年07月11日作成
おすすめ記事