【各務原】かもす食堂/岐阜ランチ

2018年10月5日(金)、各務原市の自然豊かな公園「学びの森」の一角に、新しく「かもす食堂」がオープンしました。

公園の中を抜けると、赤茶の屋根が見えてきます。

現在のメニューは、「かもす定食(塩麹からあげ)」と「やさい定食(豆腐のよせ揚げ)」の2種類。これから増える可能性もあるそうです。

ランチは14時がラストオーダーですが、限定30食なので早い時間のご来店をオススメします!

 

こちらの麻ののれんは、「小村屋幟店 」さんによるもの。サッとくぐるとお出迎えしてくれる玄関は、お店に入るというよりはお家に入るような感じです。

入ってすぐ右手にあるのは、凛とした空気感の気持ち良い洋室。額縁のような大きな窓があり、公園の様子が一望できます。もう少し寒くなってきたら、外の景色も赤茶色になるのでしょうか。

店員さんから「一番人気のお席です」と案内していただいたのは、和室の縁側。床から天井まで続く大きな窓から、やわらかな光が差し込みます。

 

「醸す」食堂ということで、料理のこだわりはもちろん発酵食品。和室後方では自家製の麹たちが醸し出していました。

さかだちブックスは「やさい定食」を注文。実はこれがこの日のラスト1食でした。

献立については、店員さんが一品ずつ丁寧に食材のことを説明してくださります。ふむふむ、なるほど…。

一通り説明をしていただいたところで、いただきます!

ふっくらと炊き上がったご飯に自家製のぬか漬けをちょこっと乗せてひとくち頬張れば、もうそれだけで「おかわり!」できそうなほどの美味しさです。

やさい定食のメインである豆腐のよせ揚げ。外はカリッと揚がり、中はもっちりとした食感がたまりません。

こちらはお醤油をたらしていただきますが、お醤油は2種類用意されています。

左)香川「ヤマロク醤油」の【鶴醤(つるびしお)】 右)岐阜「山川醸造」の【みのび】

岐阜を代表する”たまりや”といえば、言わずと知れた「山川醸造」。

かもす食堂では、山川醸造の中でも一番濃く、まろやかでコクのあるたまり醤油【みのび】を堪能することができます。

カリカリもっちりな厚揚げに、お醤油をひと垂らし……中村さん、満面の笑みです。

料理に使われている調味料は物販スペースで購入することができます。

先ほどご紹介したお醤油も販売されているので要チェックのコーナーです。

ちなみに、入り口に置いてあるDMは中村さんがデザインを担当しました。

(さかだちブックスを運営する株式会社リトルクリエイティブセンターがデザインを担当しています)

 

ほっとする空間と美味しいご飯に、心も体も大満足。

古民家をモダンに蘇らせた「かもす食堂」、大注目です!

 


かもす食堂

住所: 岐阜県各務原市那加桜町3-202-2

営業時間:11:00〜17:00(売切れ次第終了)

定休日:木曜

2018年10月19日作成
おすすめ記事