【岐阜ホール通信(59)】石徹白洋品店POP UP SHOPを開催します!

岐阜県郡上市の集落・石徹白(いとしろ)の地に受け継がれてきた、直線裁断・直線縫いの民衣をヒントに洋服を作っている石徹白洋品店さん。

現在、岐阜ホールONLINE STORE 楽天市場で取り扱いをしていますが、2020年9月21日(月)〜10月13日(火)の間、岐阜ホール店頭でPOP UP SHOPを開催します。

今回店頭で取り扱う商品は、「たつけ」、「はかま」、「キット」の3種類です。

たつけ ¥24,000 〜 

「たつけ」は農作業の時に誰もが穿くズボンとして石徹白で作られたもの。お尻周りにゆとりがあり、裾に向かってスリムになる形のためとても動きやすいです。生地を無駄なく使う和裁の知恵を応用し、日本製の貴重な生地を直線裁断・直線縫いすることにより作られています。

はかま ¥26,000 〜 

「はかま」は、合羽の代わりに着物をたくしあげて穿いたズボンをアレンジしたゆったりとしたワイドパンツです。四角形の生地がたっぷりと使用されています。お出かけにはもちろん、リラックタイムやヨガにもお使いいただけます。男女ともにお楽しみいただけるサイズ展開です。

どちらもウエストはゴム仕様で、男女ともにお楽しみいただけるサイズ展開となっています。店頭で実際に商品を見て試着をすることができる貴重な機会ですので、気になる方はぜひお越しください!

キット ¥8,500 〜

また、たつけやはかまを自分で作ることができるキットは、「ミシン縫い」と「手縫い」から選ぶことができます。

必要な材料(生地・ウエストゴム・紐・縫い糸)が全て揃ったセットです。おうち時間に直線裁断・直線縫いを学びながら自分でズボンを作るのも楽しそうですね。

こちらは、作り方の詳しい解説が載っている、「たつけの作り方」「はかまの作り方」と一緒に活用するのがおすすめです。

先日より、岐阜ホールスタッフもこちらのキットでのはかま作りをはじめました。“ ここで切って本当に大丈夫かな? ”と、ドキドキしながらの裁断でしたが無事に布を切ることができました。完成が楽しみです!

こちらでご紹介した商品は、全て岐阜ホールONLINE STORE 楽天市場でも取り扱っています。“ 店頭にいけないけど、商品が気になる! ”という方はぜひチェックしてみてくださいね。

またPOP UP SHOPに先立って、2020年9月18日(金)11:00〜に、石徹白洋品店のスタッフの方に聞く、石徹白地方や洋服にまつわる話をYouTubeで配信します。当日の配信や配信後の動画は岐阜ホールのYouTubeチャンネルで視聴できるので、ぜひ見てくださいね。


岐阜ホール

住所:東京都台東区上野桜木1-4-5-2F

営業時間:12:00〜17:00

定休日:9/25(金)までは水・木・金・土・日曜 定休
    9/26(土)から水・木・金曜 定休

Twitter:@gifuhall

WEB:https://gifuhall.com/

Facebook:岐阜ホール

Instagram:@gifuhall

LINE@:@910drwyt

2020年09月13日作成
おすすめ記事