【岐阜】ぎふ木遊館に「響 hibi-ki STORE」オープン!

2020年7月18日、岐阜メモリアルセンターの西側の向かいに木育施設「ぎふ木遊館」がオープンしました!

その中にあるショップが「響 hibi-ki STORE」さん。

「森で自由に生きる」をコンセプトに日本の木や森のことを発信しているWEBメディア「響 hibi-ki」の初の実店舗です。

店内に入ると優しい木の香りが漂い、室内ながら思わず深呼吸をしたくなります。

木育施設ということで、日本全国からセレクトされた小さな子どもたちやお母さんにぴったりの木のアイテムがずらり。

商品ポップにはひとつひとつ産地と樹種が書かれていて、それぞれの木や産地によって手触りや香りが違うことを感じることができます。

ちなみに、オレンジ色の「ぎふ木遊館」のマークがついた商品はぎふ木遊館でしか買えないオリジナル商品です。

ストーリーたっぷりの商品の中からいくつかをご紹介します!

日本中から集まったアイテムの中には岐阜県内のものも多数揃っています。

こちらはおどけた表情がかわいらしい、養老町の作家さんによるブロック。

何のかたちかわかりますか…?

そう、養老の名産であるひょうたん!

こどもが握りやすいかたちブロックで、木遊館の館内には自由に遊べるように遊具としてたくさん置いてあります。

玩具だけでなくお母さんに嬉しいキッチン用品やアクセサリーも充実。

ぎふの木食器セットは岐阜県産東濃ひのきでできた器とお皿のセットです。

驚くほどなめらかで、ずっと触れていたくなるような手触り。

木製品の他にも、さかだちブックスの本や岐阜をモチーフにしたALASKABUNGUオリジナルのぎふのレターセットも置いていただいていました!

ツブラジイのレターセットは木遊館のオリジナル商品です。

このレターセットを使って、ギフトに一言添えても喜ばれそうですね!

店内にあるものは全て国産材から生まれているので、お子さんにも安心です。

日本の木は外国産材に比べて、とても手がかかるので価格が上がってしまいがち。響STOREさんではものとして良質なだけでなく、手に取りやすい価格も意識してセレクトされています。

ギフトラッピングには、かわいらしいマスコットキャラクター響くんのシールをつけてもらえます!

出産祝いや誕生日祝い、新生活の贈り物選びにもぴったりです。

商品の背景にはそれぞれ作り手の想いや制作の深いストーリーがあって、それを知れば知るほど愛着が湧いてきます。

スタッフの方が丁寧に説明してくださいますので、気になる商品があったらぜひストーリーを聞いてみてください。

日本の木を使うことは巡り巡って山を守ること。

「わたしたち自身も森や自然の一部だということを感じて欲しい。」

WEB、実店舗ともに響さんの取り組みにはそんな想いが込められています。

ちなみに、ショップのすぐ横にはカフェも併設されているので、ドリンクやマフィンをテラスで食べながら休憩するのもおすすめ。

ジュースや牛乳、おやつもあるのでお子さんと一緒に楽しめます。

小さなお店ですが、ひとつひとつじっくりと見ていたら、すっかり時間を忘れていました!

みなさんもぜひ実際にお店に足を運んで、木や自然の魅力をたっぷりと感じてください。

ぎふ木遊館オリジナル商品のロゴはさかだちブックスを運営する株式会社リトルクリエイティブセンターがデザインを担当させていただきました。


響 hibi-ki STORE

住所: 岐阜市学園町2丁目33 ぎふ木遊館内

営業時間: 10:00〜17:00

定休日:水曜

ぎふ木遊館HP:https://mokuyukan.pref.gifu.lg.jp/

2020年08月05日作成
おすすめ記事