【白川村】結旨豚を味わう「ぶたフェス」が開催されました!

2020年12月19日、岐阜県大野郡白川村で「ぶたフェス」が初開催されました!

ぶたフェスは白川村の新しい特産である「結旨豚(ゆいうまぶた)」を村民のみなさんに味わってもらおうと村が主催したイベント。

この結旨豚は。白川村の美しい水と大自然の中で育ったお米を食べて育ったブランド豚で、11月に初出荷を迎えたばかりです。

(結旨豚の魅力や養豚場の様子についてはこちらの記事をご覧ください。)

結旨豚を使った料理を販売したのは、村内の7つの飲食店。村では馴染みのお店ばかりですが、メニューはこの日のために準備した限定品です。

“結旨豚を使う” という同じ条件でも、煮豚や串焼き、餃子、チャーシュー麺、炊き込みご飯など、それぞれのお店の特徴を活かしたバラエティ豊かなメニューが出揃いました!

ちなみに、この日は最高気温0度、80cm以上もの積雪がありましたが、村民はへっちゃら!

11時のイベント開始を前に、受付には子どもからご年配の方までたくさんの人が集まりました。

まずは受付でしっかりと検温と消毒をして、100円×10枚つづりのチケットを購入。このチケットと引き換えで料理を購入します。

村民向けのイベントということで、会場は世間話が飛び交い、とても和やかな雰囲気。白川村では雪の時期はイベントや行事が少ないので、みなさん豚フェスをとても楽しみにされていたようです!

会場には、ほかほかの湯気とともにおいしそうな香りが漂い、食欲がそそられます。

結旨豚は食べ応えがありながら、脂身がさっぱりとしているのでたくさん食べても胃にもたれないのが特長です。しかも、どの店舗も200〜400円とお手頃価格なので、いろんなメニューを食べ比べできるのも嬉しいポイント!

子どもも大人も口いっぱいにおいしい料理を頬張り、みなさんとっても満足そうな表情。寒い白川村だからこそ、温かい料理が一層おいしく感じられるんですね。

そして、なんと各店舗限定50食の料理は、開始から1時間でほぼ完売に…!結旨豚の村内デビューは、想像を遥かに超える盛況ぶりで幕を閉じました。

ぶたフェスは今回の好評を踏まえ、来年以降も開催される予定です。

そして、このぶたフェスをきっかけに、今後は白川村で結旨豚を使った料理が楽しめる飲食店が少しずつ増えていきますので、みなさんも機会があれば、ぜひ味わってみてくださいね。

(ぶたフェスのフライヤー、会場装飾はさかだちブックスを運営する株式会社リトルクリエイティブセンターがデザイン制作を担当させていただきました。)


ぶたフェス【終了しました】

開催日:2020年12月19日(土)11:00〜14:30

会場:野外博物館 合掌造り民家園 広場(白川村荻町2499)


白川村のありのままの日常を発信するメディア「飛騨日日新聞」もぜひご覧ください!

飛騨日日新聞

URL:hidanichi.com

Facebook:https://www.facebook.com/hidanichi/

Twitter:@hidanichi

Instagram:@hidanichi2020

2020年12月28日作成
おすすめ記事