【大垣】「Bistroブーコ」オープン!

2020年6月27日に、大垣に「Bistroブーコ」さんがオープン!

オープンを心待ちにしていたさかだち編集部は早速初日にお邪魔しました。

場所は大垣駅南口から徒歩10分ほど。OKBストリート(駅前商店街)の中にあります。看板が目印です!

もともと、4月にオープン予定でしたが、昨今の新型コロナウイルスの影響を受け、2ヶ月越しにこの日を迎えました。

店内は1階にテーブル席、ラウンジ、カウンター、2階にプライベートルームを備え、カジュアルな雰囲気の中にも上品さが漂い、様々なシーンで楽しめそう!

大人数のパーティにも、お一人様ランチにも、ご家族づれにも、おすすめです。

2階に上がる途中、店内を優しく灯す3RD CERAMICS(多治見)さんのランプシェードが印象的でした。

さて、内装をたっぷりと楽しんだところで、いよいよお待ちかねのお料理です!

この日は、おまかせでおすすめのディナーメニューをいただきました。

まずは前菜、シャルキュトリー。

ブーコ特製のパテドゥカンパーニュ、鶏レバーのムース、自家製のハムなどの盛り合わせです。

作るのには特別な資格のいるというハムまでもが自家製というこだわり。

ワインに合わせていただくとより一層おいしく感じられそうです。

前菜からどれも絶品で、この後のお料理にも期待が高まります…! 

続いて、自家製スモークサーモンのカルパッチョ。

サーモンは肉厚でぷりぷりとしていて食べ応えがあり、青々とした野菜との相性も抜群。あっという間に食べてしまいました!

前菜まででももう、大満足なさんとさん。

2人ともとっても幸せそうです…! 

さあ、いよいよメインのお料理へ。

こちらがこの日のメイン、低温調理豚肩ロースと季節野菜のローストです。

ナイフを入れた瞬間からそのやわらかさに感動…長時間じっくりと丁寧に調理されたお肉はびっくりするほど食べやすく、やや甘めのソースに絡めるとより旨味が引き立ちます。

そして、ロースト野菜もしっかりと味が濃くて、お肉に負けず劣らずの存在感でした。

もう、十分お腹も気持ちも満足ですが、最後にパスタもいただきました!

パスタはその日によってメニューが変わります。今回は自家製ベーコンのアマトリチャーナです。

実はブーコさんの自慢の一品が自家製のベーコン。

国産の豚バラ肉を5日間熟成させ、桜のチップで燻した渾身のベーコンです。

ベーコンの塩気がちょうどよく、トマトの酸味でさっぱりとしたパスタとよく合います。

自家製ベーコンを使った料理にはメニューに印がついているので、ぜひどれか一品はお試しを…!

最初から最後まで何度「おいしい」を連発したかわからないくらい、大満足のディナータイムを過ごしたさかだち編集部。

みなさんも、ぜひ特別な日の会食や、自分へのご褒美など、色々なシーンで「Bistroブーコ」へ足をお運びください。

(ロゴやグラフィックツール、WEBサイトの制作はさかだちブックスを運営する株式会社リトルクリエイティブセンターが担当させていただきました。)


Bistroブーコ

住所:岐阜県大垣市郭町2丁目3

営業時間:11:00~14:00 ( L.O. 13:30 ) / 17:00~22:00 ( L.O. 21:30 )

定休日:月曜

HP:https://bistro-bko.com

2020年07月01日作成
おすすめ記事