【長野】ALASKA BUNGUの企画展開催中!

ALASKA BUNGUが考える、「これからの日用品」としての文具。

2019年6月5日〜6月30日に長野県松本市にあるブックカフェ「栞日」の2号店「栞日分室」にて、ALASKA BUNGUの企画展が開催されています。

ALASKA BUNGUが考える、「これからの日用品」としての文具。と題してオリジナル文具やセレクトした国内外の文具、雑貨を展示販売しています。

ひょっこり顔をのぞかせるパイプの小人が目印です。

会場の「栞日分室」は毎月月替わりの企画展を通して「これからの日用品」を考える、栞日からこの4月に生まれた新しいスペース。

趣ある土蔵をリノベーションした建物の2階の屋根裏部屋のような空間です。1階からは「山山食堂(さんさんしょくどう)」さんのお料理のいい香りが漂ってきていました。

ALASKA BUNGUの岐阜の店舗とは雰囲気ががらっと異なり、同じ商品でもいつもとはちょっと表情が違うように見えます。

もしかすると岐阜の店舗よりも広いかもしれない(?!)くらいのスペースですので、どうぞゆったりとご覧ください。

「岐阜と長野のブックマーク」販売中

この企画展に合わせて、ALASKA BUNGUから新商品が誕生しました。

岐阜と長野のブックマーク(¥160)

「岐阜と長野のブックマーク」です。

実は岐阜県と長野県は県鳥がどちらも「ライチョウ」なんです。

ALASKA BUNGUの人気シリーズ岐阜のブックマークの姉妹アイテムとしてライチョウをモチーフにしたブックマークが仲間入りしました。

栞日分室とALASKA BUNGUでのみ限定販売中です!


企画展が始まる前夜、会場では「公開座談会「北アルプス文具サミット -いい文具ってなんだろう-」が行われていました。

(ちなみに、さかだちブックスから2015年に発売された「文具の友」(完売)での東海文具サミットから着想を得た企画です。)

20名ほどが文具を囲み、秘密基地に集合したかのよう。

ALASKA BUNGUの店主横山さんと、松本に今年オープンしたばかりの「ink stain」さんの店主西牧さんによるトークイベント。

(ink stainさんは栞日分室から徒歩15分ほど。小さなスペースに文具のたのしい世界がぎゅっと詰まったすてきなお店でした! 現在は2階をギャラリースペース「Nib」として改装中で、そちらも楽しみです。)

栞日店主の菊地さんの進行のもと、この時代に文房具になった理由、店主としての想い、“おしゃれ”ってどういうこと?など、話題は多岐にわたり濃密な時間となりました!


企画展の期間は6月30日まで。
長野の方も、岐阜の方もぜひこの機会にお立ち寄りください。


ALASKA BUNGUが考える、「これからの日用品」としての文具。

日程 2019年6月5日(水)〜 6月30日(日)
時間 7:00〜18:00
定休 月曜日 ※月火連休あり
会場 栞日分室(松本市大手5-4-24 List 2F)

2019年06月16日作成
おすすめ記事