【福井・大野】和泉郷土資料館/百科

DSC_0030_1

国内有数のアンモナイトの産地でもある福井県大野市。

和泉地区というと馴染みがありませんが、九頭竜ダムのある所と聞けば、岐阜からはそれほど遠い感じはしません。

 

DSC_0050_1

DSC_0609_1

 

 

待ち合わせは、道の駅「九頭竜」すぐそばの『和泉郷土資料館』

なんと、和泉地区ではアンモナイトだけではなく、恐竜の化石も発見されていて、奥には恐竜の模型も展示されていました。

DSC_0341_1

DSC_0206_1

 

今回は、古生物学が専門の酒井佑輔さんに、資料館の内外にわたって、ご案内をしていただけました。

 

DSC_0629_1

DSC_0783_1

どんどん山のなかに入っていく車。
さらに、車をおりてからの坂道を歩く酒井さんのスピードには、皆ついていけません。

「化石の研究って体力がいるんだなあ」

実感した瞬間でした。

 

福井県・岐阜県・石川県・富山県にまたがる、

恐竜やアンモナイトなどの化石が発見される地層についても、
いろいろお話を聞かせていただきました!

「百科」創刊号(7月31日発売予定)をどうぞお楽しみに。

ちなみに、九頭竜湖周辺では舞茸が特産品ということで、しっかり美味しくいただきました!

 

 

DSC_0039_1

 

【お知らせ】
「百科」に広告枠を設けました。こちらに広告を出してみたいという方がいらっしゃいましたら、さかだちブックスまでご連絡ください。
mail@sakadachibooks.com

 

 

2015-07-01 | Posted in 百科Comments Closed 

関連記事