【柳ケ瀬】“そば くら富”オープン!/岐阜ランチ

『そば くら富』

先日岐阜県美術館にご一緒していただいた、老舗油屋の山本佐太郎商店・山本さんから「柳ケ瀬商店街に新しい蕎麦屋がオープンしたよ」という情報をいただき、早速行ってきました。

 

【岐阜】ミラノ・サローネ「CASA GIFU展」/岐阜県美術館

【岐阜】アートまるケット/岐阜県美術館

 

DSC_1686_1

蕎麦屋さんがオープンした場所は、JR岐阜駅からまっすぐ北にのびる金華橋通り沿い。

岐阜バスの「柳ケ瀬」停留所の目の前です。

 

DSC_1676_1

こちらが新しく8月下旬にオープンした蕎麦屋「そば くら富」さん。

とっても重厚感溢れる外観で、少しドキドキ。

グルメで有名な山本さんのご紹介なので、財布の中身もしっかり確認し、いざ入店です!

 

DSC_1670_1

入るとすぐ右手に「そば くら富」と書かれた暖簾。

その暖簾をくぐった先がお店かな。

 

DSC_1666_1

そう思って進むと、なんだか雰囲気のいい廊下が現れました。

素敵な照明も置いてあって、さらに進むと、左側に入り口を発見。

今度こそ入店です!

 

DSC_1663_1

店内はこちら。全席カウンターで、落ち着きのある内装です。

 

DSC_1605_1

おろしぶっかけそば 970円

 

DSC_1602_1

桜海老おろしぶっかけそば 1270円

 

DSC_1623_1

これは…!

美味しいを通り越して、凄いです!!

蕎麦の風味が楽しめるのはもちろん、おろしや鰹節も効いて、幸せな1杯。

 

DSC_1606_1

美味しさに驚きつつ食べていると、「こちらの葉は、また違った辛さで楽しめますよ」と、“ルッコラ”の葉を少し味見させていただけました!

本当だ!ぴりっと辛い!

これは有機栽培のルッコラで、野性味がある、しっかりした味が出るものなんだとか。

わさびや七味など、蕎麦の薬味としてよく使用される薬味とはまた違って、青い辛さと蕎麦の風味がとても面白かったです。

 

この味を楽しみたいという方は、「ルッコラと本枯れ節のぶっかけ蕎麦」で味わう事ができますよ!

 

 

DSC_1596_1

海老の天ぷら 390円

サイドメニューでは、そば粉で揚げた天ぷらもありました。

海老やハモ、野菜など、種類も豊富。

塩をひとふりしていただくと、これまた本当に美味しかったです。

 

 

DSC_1633_1

店主さんから、この美味しさの秘密をいくつか教えていただいちゃいました。

 

DSC_1627_1

こちら「本枯れ節」。

いわゆる鰹節なのですが、通常の鰹節と違い、3年熟成させて“カビ”の一種である鰹節菌を付けることで、旨味がぎゅっと詰まった美味しい鰹節となるそう。

カウンターに座っていると、機械からこの“本枯れ節”の削りたてが目の前で出来てきました。

削り立てはやっぱり美味しいですね。

 

DSC_1652_1

こちらの蕎麦は、新そばの蕎麦の実を使って、毎朝皮をむき、石臼で粉を作り、手打ちで麺を仕上げてみえます。

(写真でいうと、黒い粒が蕎麦の実で、白い粒が皮を取ったもの。)

新そばの時期に仕入れた実をずっと低温保管しているので、鮮度を落とさず美味しい蕎麦が作れるんだそうです。

 

 

このように、こだわりが詰まりに詰まった蕎麦のため作る量が限られ、「1日限定30食」。

その日の朝に麺を作るので、ランチタイムに売り切れた場合はディナータイムをクローズするといってみえました。

 

 

 

DSC_1645_1

蕎麦茶アイス 300円

この日はちょっと贅沢して、デザートも。

この蕎麦茶アイスももちろん自家製で、上にかかっている蕎麦茶の粉末が風味を引き立ててくれます。

 

DSC_1637_1

「蕎麦茶」は、さっきの白い粒を炒ったものから抽出。

蕎麦の美味しさを存分に楽しませていただけました。

 

 

何度も言いますが、本当に美味しくてこだわりたっぷりのお店です。

ぜひ行ってみてください!

 

 

 

そば  くら富

住所:岐阜市金町2-7

営業時間:ランチ/11時〜14時30分、ディナー/17時〜20時

※こだわりのそば打ちのため、1日限定30食。

ランチタイムで終了したら、ディナータイムはクローズ

定休日:火曜、第2・第4水曜日

2016-09-03 | Posted in 岐阜ランチ(お昼ご飯)Comments Closed 

関連記事