【白川村だより vol.6】紅葉真っ盛りに白川村グルメを堪能!

岐阜県白川村の移住情報を発信するメディア「飛騨日日新聞」。白川村役場とさかだちブックスを運営する株式会社リトルクリエイティブセンターが、2020年9月に立ち上げたプロジェクトです。

飛騨日日新聞、通称“ヒダニチ”の編集部は、日々村内を歩き回って取材やネタ収集を行っています。この「白川村だより」ではそんな取材中の一コマを不定期でお届け!

今回は紅葉真っ盛りの白川村で、取材中にいただいたピザや、郷フェスで味わった結旨豚メニューなど、グルメネタが満載です。

***

《ふと立ち止まってしまう秋色の絶景!》

日に日に気温が低くなり、どんどん秋の深まりを感じる今日この頃。山の木々もすっかり赤や黄色に染まって、白川村は秋真っ盛りを迎えています!

完成した「飛騨日日新聞」の配布のため村内のあちらこちらを移動している時も、思わずその絶景に釘付けになってパチリ。何度も写真を撮りたくなってしまいます!紅葉を楽しめるのは、11月上旬くらいまで。秋に色づく白川村を見たい方は、ぜひ早めに足を運んでくださいね。

《取材先でいただいた絶品ピザ!》

この日、取材で「民宿 古志山」さんを訪れたヒダニチ編集部。現在はレストラン兼ゲストハウスとして営業されていますが、最近レストランのメニューに新たに加わったのが、こちらのピザ!

酸味のあるトマトと少し苦味のあるルッコラに、オリーブオイル、トロトロのチーズがからみあって絶品でした…!

現在、古志山さんでは、店主から引き継いでお店を運営してくれる方を募集中。村内でも好立地なエリアで、雇用されながら自分らしいお店作りができる魅力的な求人なので、ぜひチェックしてみてくださいね。なんと、住み込みも可能です!





《郷フェス無事に開催されました!》

11月5日(土)に郷フェスが開催されました!郷フェスは白川村のブランド豚「結旨豚」をはじめ、村に認定された白川郷産品を楽しむイベント。当日は良いお天気に恵まれ、行楽シーズンとあって村内外から多くの方に足を運んでいただきました。

ヒダニチ編集部もお手伝いしながらけやきさんの「炙りチャーシュー丼」と、トヨタ白川郷自然學校さんの「秘密のトマトカレー〜結旨豚の生姜焼きのせ〜」をいただいて、大満足!詳しいイベントのレポートは飛騨日日新聞やさかだちブックスの記事で紹介しますので、ぜひそちらもご覧くださいね。

***

白川村の移住情報や暮らしの様子は「飛騨日日新聞」のWEBサイトや、年4回発行する冊子でお読みいただけます。ぜひ、ご覧くださいね。

飛騨日日新聞の冊子は白川村内の各世帯のほか、村内では飲食店やお土産屋さん、村外ではTHE GIFTS SHOP岐阜ホール、その他東京や大阪、名古屋の移住相談窓口などでも配布していますので、ぜひ手に取ってみてください!





(飛騨日日新聞の企画運営、取材編集、デザインはさかだちブックスを運営する株式会社リトルクリエイティブセンターが担当させていただいています)


飛騨日日新聞

URL:hidanichi.com

Facebook:https://www.facebook.com/hidanichi/

Twitter:@hidanichi

Instagram:@hidanichi2020

2022年11月09日作成
おすすめ記事