リトルクリエイティブセンターが7期目を迎えました

2020年8月1日、さかだちブックスを運営する株式会社リトルクリエイティブセンターは7期目に入りました!

この日は仕事を終えた後、毎年恒例、海津市のお千代保稲荷さんへのお参りへ。

お千代保稲荷は商売繁盛の神様として「おちょぼさん」の愛称で親しまれています。

毎月月末には「月並祭」というお祭りが開催され、月の最終日から明け方にかけて、参道のお店や屋台が開き、たくさんの人で賑わうおちょぼさん。

串カツやウナギなど、沿道のグルメも楽しみの一つです!

リトルでは7月31日の夜にお参りをするのが恒例ですが、このご時世ということで…今年は日にちをずらしての参拝となりました。

いつもは身動きが取れないくらいたくさんの参拝客でいっぱいなので、シーンとした夜の境内は新鮮です。

「7期目もみんな元気で楽しく仕事ができますように…」

並ぶこともなく、しっかりと商売繁盛を祈願してきました!

ちなみに、おちょぼさんには、いくつかのおもしろい風習があります。

さんが持ち上げているのは「重軽石」。

まず一度石を持ち上げます。その後、「願いごとが叶うなら軽く、または重く上がってください」と念じて改めて石を持ち上げ、その重さによって願い事が叶うかどうかを占うというものです。

今尾さんの願い事、内容は内緒ですが…この表情!どうやら叶うようです!

こちらのお賽銭箱にはいろんな人の名刺が刺さっています。

名刺を置いていくと、ご利益があるということで、みんなそれぞれの名刺を奉納してきました!

リトルの経営を担うさんは特に念入りに…(笑)。

お賽銭は「二重にご縁を」という願掛けで、25円きっかり準備してきていました。さすが!

今期も岐阜県内はもちろん、全国にも飛び出し、デザインを通しておもしろいことを仕掛けていきたいと思います。

7年目のリトルクリエイティブセンターもどうぞよろしくお願いいたします!

2020年08月07日作成
おすすめ記事