「岐阜マン×カメラマン・すず先生」新企画始動!?

2018年7月某日。

この日はとある企画の撮影会を開催しました。

集まったのは巷で人気のフリーペーパー「岐阜マン」の作者である塚原裕基さんと、奥さま、カメラマンの鈴木知子さん(すず先生)と、撮影のサポートをしてくださったさっちん工房の矢島さんです。

一体何の撮影会なのかというと……実は、この企画は岐阜マン大ファンであるすず先生の「岐阜マンとコラボして本を出版したい!」という兼ねてからの願いから始まったプロジェクト。

さかだちブックスも本の制作をお手伝いさせていただくことになりました!

ちなみに岐阜マンとは、塚原裕基さんが岐阜の気になるスポットを訪れて、その魅力を愉快なマンガで紹介しているフリーペーパーです。

さかだちブックスから出版した『ぎふマンとゆく ぎふのモノ』でも岐阜マンが岐阜の伝統工芸や観光名所を巡って紹介してくれています。

 

今回はマンガの主な登場人物である岐阜マンと親友のネコ・シェフチェンコに、マンガから飛び出してもらい、柳ケ瀬と川原町周辺を巡る小旅行をしました。

 


金公園

電車が大好きな岐阜マンとともに、一行が最初に訪れたのは、金(こがね)公園。

ここにはかつて岐阜市街地を走っていた路面電車が保存されています。

実は、マンガの中にもよく登場する「電車さん」はこの路面電車がモチーフ!

早速、リアル電車さんと記念の写真撮影です。

 


柳ケ瀬商店街劇場通り入り口

この日の撮影会は良い意味でほとんどノープラン!

その場その場で惹かれる風景を見つけては、岐阜マンとシェフチェンコに並んでもらって写真を撮ります。

プロカメラマンのすず先生が覗くファインダーにはどんな景色が映っているのでしょうか……とても気になります。


A.L.C.cafe

時には街の人を巻き込んだり。

 

今まで気がつかなかった気になる何かを見つけたり。

 


喫茶星時

途中休憩はカンダマチノート2階の喫茶星時さんで、おいしいコーヒーとスイーツを。

星時さんには本が完成したら、出版記念パーティに会場としてご協力いただく予定です!

 


長良川てしごと町家CASA

柳ケ瀬のあとは、川原町まで足を伸ばしました。

長良川てしごと町家CASAさんや長良川デパートさんで、岐阜の伝統文化に触れる岐阜マンとシェフチェンコ。


長良川うかいのりば

最後は鵜飼船を眺めて、岐阜マンとすず先生の小旅行は幕を閉じました。

岐阜マンの知られざる一面が明らかになったり、誕生秘話を伺うことができたり……岐阜マンと岐阜への愛着がさらに強くなる撮影会となりました。

 

「自分の夢は誰かに話すとよい。誰かがその夢の手助けをしてくれる。」という言葉を信じているというすず先生。

そのことを目の当たりにした充実の1日でした。

この日の取材がどんなかたちになるのか、今からとても楽しみです!

どうぞご期待ください。

 

 

 

 

 

おすすめ記事