【入荷・掲載情報】岐阜のまちを綴ったリトルプレス『Edit GIFU』明日発売!

2018年6月2日、リトルプレス『Edit GIFU』がいよいよ発売されます!

「岐阜を編集する」と名付けられたその本は、岐阜で生まれ育ち、岐阜で暮らす編集者が、2016年から2年間かけて制作してきた、岐阜のまちへの愛にあふれた1冊。

手書きのタイトルに、ページをめくる前から、もうこの本の温もりが伝わってきます。

編集長独自の視点で切り取った岐阜のまちが、美しい写真とあたたかな文章で綴られており、読んでいるとこのまちに暮らしていることが誇らしくなるようです。

実は、さかだちブックスを運営するリトルクリエイティブセンターも6ページにわたるロングインタビューで掲載していただいています。

インタビューからは創立メンバーの今尾さん、横山さん、石黒さんの声が聞こえるかのよう。

創立秘話から現在のことまで丁寧に取材していただきました!

続くページでは、あまり知られていないさかだちブックスの事務所の全貌を大公開!

岐阜マンの案内で楽しいページになっています。

 

『Edit GIFU』は岐阜市内のお店や書店で、明日6月2日から販売スタート! 随時、お取扱店は更新されます。

岐阜市ALASKA BUNGU内のさかだちブックスの本棚でもお取り扱いさせていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧ください!

 

(『Edit GIFU』のデザインはさかだちブックスを運営するリトルクリエイティブセンターが担当させていただいています。)


Edit GIFU

2018年6月2日発売!

岐阜のまちに暮らす編集者が
いつしかまわりの人たちを巻き込みながら、
このまちの景色や、まっすぐでやさしい人々や、
美味しい料理や、愛しいものたちのことを、
2016年から2年以上かけてゆっくりと、
たっぷりと綴ったリトルプレスです。

サイズ:B5変形 本文70頁フルカラー
価格:本体800円+税
発行:エディットギフ編集室
editgifu@gmail.com
Facebook www.facebook.com/editgifu/

おもなお取り扱い店
・ALASKA BUNGU http://alaskabunguten.com/
・古書と古本 徒然舎 http://tsurezuresha.net/
・季節豊穣 ミツバチ食堂 http://mb-cafe.net/
・ツバメヤ http://tsubame-ya.jp/
・flamant 雑貨・フラマン http://www.mariposa-f.com/
・喫茶 星時 http://hoshidoki.jugem.jp/
・三省堂岐阜店
・草叢BOOKS各務原店
・ザ・リブレット長良店
・レティシア書房  ow.ly/1cJD30kfyDQ(6月2週目ごろ〜)

2018-06-01 | Posted in 取り扱い本紹介Comments Closed 

関連記事