【愛知・一宮】つくる。マーケットvol.18

愛知の一宮にある「つくる。」が主催する「つくる。マーケット」に、岐阜の柳ヶ瀬にある「やながせ倉庫」が出店するとの情報を得て、遊びに…いや、取材に行ってきました!

「つくる。」は、元繊維工場の建物と日本家屋を貸しスペースとして再利用し、ものづくりやワークショップなどを行う場所。

この場所を通して様々な業種・立場の人が交流を深め、情報を発信していきます。

 

車を走らせること約20分、「つくる。」のある一宮市木曽川町に到着!

dsc_0045

思ったより近くて、あっという間に到着。

 

dsc_0047

入ってすぐの駐車場スペースには早速飲食店のブースが並んでいます。

 

中の方へと足を進めると…

dsc_0038

お、おぉ…!

 

dsc_0232

ザ・日本家屋、といった趣です。

 

 

dsc_0050

今回イベントが行われているのは、主にこのMAPの緑色に塗られている場所。

写真右側の “ノコギリ屋根工場スペース” と、左側の “たたみの部屋” 1Fと2F、そして入口の駐車場付近です。

 

 

まずは “ノコギリ屋根工場スペース” から見ていきます。

dsc_0051

外からみるとボロっとした見た目の “ノコギリ屋根工場” ですが(すみません!)、一歩足を踏み入れてみるとオシャレな雑貨や洋服のお店がたくさん並んでいました。

 

dsc_0058

それにしてもすごい人の数です。

 

dsc_0242

外ではギターを抱えて気持ち良さそうに歌うシンガーソングライターのおじさまの姿が。

 

キャッチーなフレーズと独特な歌声…この声、どこかで聴いたことがあるような…?

予感的中! “東海地方のCMソング王”の森香さんでした!

 

森香さんの歌にノリながら、日本家屋スペースへ移動します。

dsc_0127

ちゃんと玄関で靴を脱いで…お邪魔しまーす!

 

dsc_0003

我らがやながせ倉庫は “たたみの部屋” 1F、玄関から入ってすぐ左となりの場所に出店していました。

あまり “やながせ倉庫” として出店しているところを見ないので、なんだか新鮮です!

 

dsc_0097

カバンやアクセサリーなどのハンドメイド作品から、タルトやキッシュ、コーヒーなどの飲食店まで、並んでいるお店は多種多様。

このお部屋は、普段はフラダンス教室やバランスボールレッスンなどで使われているそうです。

 

そして、日本家屋といえばやっぱり “縁側” !

dsc_0114

たくさん見て周って疲れたら、ちょっと縁側でひとやすみ。

外から聴こえてくる森香さんの歌声とギターも心地良い〜。

 

dsc_0145

さて、縁側でちょっとゆっくりしたら、次は2Fヘ。

 

dsc_0161

こちらでは販売の他にワークショップも行われていました。

お店の人もお客さんも同じ畳の上に座っている、という距離の近さは、他のイベントではなかなかありませんね。

 

dsc_0169

この日は近所でお祭りがあったみたいで、お神輿を担いだ小学生の子どもたちも来てくれました。

子どもたちの掛け声に合わせ、参加者さんやお客さんからも「わーっしょい、わーっしょい」と掛け声がかかります。

 

つくる。マーケットの雰囲気を言葉に表すなら、「アットホーム」。

お客さん同士で何気なく会話が始まったり、初めて顔を合わせたはずの子ども同士が仲良く庭でかけまわっていたり…

なんだか昔から馴染みの場所だったような、どこか懐かしくじんわりと温かい気持ちになりました。

春と秋の年2回開催される“つくる。マーケット”、次回の開催は3月ごろの予定です。

みなさんもぜひ、遊びに行ってみてください。

 

 

 

つくる。
〒493-0001  愛知県一宮市木曽川町黒田字宝光寺5-2
http://www.tsukuru-ichinomiya.com/

2016-11-11 | Posted in あれこれ紹介Comments Closed 

関連記事