【郡上八幡】Takara Gallery Workroom / タカラギャラリーワークルーム

毎年夏になると、一晩中下駄の音を鳴り響かせ踊り続ける「徹夜おどり」で全国的にも知られている岐阜県郡上八幡。

実は、郡上はシルクスクリーン印刷の発祥の地としても知られています。

今回訪れたのは、郡上の地場産業であるシルクスクリーン印刷を体験することができる「Takara Gallery Workroom」さん。

ここでは、郡上おどりの必須アイテムである手ぬぐいに柄をシルクスクリーン印刷でプリントして、オリジナルの手ぬぐいをつくることができます!

 

早速、店主の上村さんに案内していただきながら体験スタート!

まず選ぶのは印刷する版のデザイン。常時30種類ほど並ぶイラストや柄は全て上村さんご夫妻とお店のスタッフさんがデザインしており、季節に合わせて2ヶ月ごとに入れ替わります。

「何度も繰り返し来てくださるお客さんもいらっしゃるので、いつ来ても楽しめるようにしているんです。でも、あんまり季節感を出しすぎると使う時期を選ばなくてはならないので、そのバランスも気をつけています。」と上村さん。

この時期は、桜やいちご、つくしなど春らしいデザインが並んでいました。

定番の郡上八幡らしいデザインも、冬には町並みに雪が積もらせるなどさりげなく季節感を加えているのだとか。

手ぬぐいのプリント体験の基本料金は一色一柄の1000円。

同じ柄の色の変更、そして柄の種類を増やすごとにプラス500円という設定です。

メインの版に加えて、小さな版はスタンプ感覚で8回まで好きな場所にプリントすることができます!

これだけ選べるとなると、迷う迷う……!!

上村さんの丁寧なアドバイスを受けながら、頭の中で組み合わせをイメージして2種類の版を選びました。

続いて手ぬぐいの色と、プリントするインクの色を選びます。

手ぬぐいの色は「白・ピンク・黄色・ミント・水色」の5種類、インクの色は常時約20色。

版のデザイン、手ぬぐいの色、インクの色を掛け合わせると、その組み合わせは膨大すぎて想像もつかないくらい……!

インクは布用の特殊なもので、ベースの色を調合して作っているのだそうです。

ちなみに、手ぬぐいは一般的な90cmサイズと、郡上踊りの時に浴衣の襟元にあてがうのに最適な100cmサイズ(+150円)の2種類、そして手ぬぐいだけでなくトートバック(+200円)にプリントすることもできます。

 

 

たっぷりと時間をかけてデザインを選び、いよいよ作業台へと移ります!

「スキージー」と呼ばれる道具を版の上を滑らせるように動かし、インクをのせていきます。

最初はインクなしで、上村さんのサポートのもと、スキージーの使い方の練習。

斜め45度の角度を保ったままちょっとだけ力を込めて下へおろします。

力の入れ具合や角度などを丁寧にご指導いただき、コツを掴んだら、まずはベースの柄をプリントしていきます!

たっぷりとインクを版の上にのせ、これをスキージーでのばし、穴の部分をインクが通り、手ぬぐいに柄がプリントされるというシンプルな仕組み。

 

インクがにじまないよう、すーっと滑らかに動かしていくのですが、これがとても快感!

上から下へと2回繰り返したら版を外すと、くっきりきれいにプリントされていて大成功!

一つ目の柄をプリントし終えたら、ドライヤーで乾かします。

乾かしていくうちに少し色味が落ち着いて、布にインクが馴染んでいく様子がわかります。

 

続いて2つ目の下駄の版を1つ目の柄の間を埋めるようにプリントしました。

プリントする位置は最後の最後まで悩んで、一箇所だけ2つの版を重ねてみることに!

重ねてプリントした版を外す時が一番どきどきわくわく……仕上がりが楽しみです。

 

最後に上村さんのご好意で、「さかだち」の落款(らっかん)風プリント(1文字1箇所 200円)を入れさせていただきました!

落款風の版は斜めにしたり、散らばらせたり、プリント位置が自由で楽しいです。

今回は4文字も入れさせていただきましたが、オリジナル感を出すために、名前の頭文字だけ入れる方の方が多いそうです。

およそ30分ほどで、さかだちオリジナル手ぬぐいの完成!!

想像以上の完成度に大満足です。名前を入れると愛着が何倍にも増します。

今年の郡上おどりの準備万端、今から夏が楽しみになりました!

布用のインクを使っているため、洗濯することもでき、おどりの時だけでなく家庭でも活躍してくれそう。

 

店内ではオリジナルの手ぬぐいの販売もしているので、お土産選びにもおすすめです。

スタッフさんが作った手ぬぐいは、色の組み合わせも柄の使い方も素敵なものばかり。

体験する場合は、ぜひこちらの商品を参考にしてみてください!

 

郡上おどりには欠かせない手ぬぐいと地場産業であるシルクスクリーンを重ね、そこに上村さんの明るくあたたかい人柄も加わり、郡上らしさを存分に満喫できる「Takara Gallery Workroom」さん。

また季節の変わる頃に遊びに来たくなる素敵なお店です。

ぜひみなさんも自分だけの手ぬぐいづくりにチャレンジしてみてください!


Takara Gallery Workroom/タカラギャラリーワークルーム

住所:岐阜県郡上市八幡町島谷470-28

営業時間:10:00〜17:00

定休日:水曜日・第4火曜日(※その他臨時休業有り)

ご予約:050-3682-1861

HP:http://www.takara-garo.com/


 

 

 

おすすめ記事