【名古屋】大名古屋ビルヂングがグランドオープン!

3月9日(水)にグランドオープンした「大名古屋ビルヂング」。

連日、ニュースや新聞で紹介されており、街中ワクワクしています。

 

名古屋駅の目の前にあるこのビルは、 2015年10月31日に竣工し、

3階から地下1階が商業施設です。

建替え前の旧大名古屋ビルヂング(1965年 – 2012年)は主にビジネスビルとして使われていて、商業施設は地下のダイナードか屋上の夏季限定ビアガーデンがあるのみでした。

今回のオープンで沢山のお店が入り、生まれ変わったのです!

 

 

DSC_0025

オープン日はあいにくの天気。

それでもたくさんの方が傘をさしながら列をつくっていました。

 

DSC_0032

まずは、3階の生活雑貨・飲食店へ。

ちなみに2階はファッション雑貨のフロアです。

 

1501474_965617823491558_6865202495179825938_o

さかだちブックスがお世話になっているリブレットさんも、こちらの大名古屋ビルヂングに出店されています。

 

DSC_0041

DSC_0044

アラスカ文具店の商品も並んでいました。

 

DSC_0109

地下1階には、ツバメヤさんの2号店が出店されています。

 

 

DSC_0114

大行列で、職人のまっちんさんが自らご案内。

朝から晩までつくっても間に合わないほどの大賑わいなのだそう。

 

 

DSC_0116

岐阜店では販売していない、名古屋限定商品もありました!

素材の味を活かしながらひとつひとつ大事につくっているツバメヤのお菓子は、「岐阜の本店にも足を運んでみたいな」と思わせる力があるので凄いです。

 

 

地下には飲食店とは別に「イセタンハウス」という三越伊勢丹がプロデュースする新業態、ファッションセレクトストアも出店しており、話題となっています。

DSC_0101

その中の一つ、「ニッポッピン」。

デザイン業界に携わっている人は少し気になるお店だと思います。

「日本の良いもの」と「日本の感性」をフュージョンさせた三越伊勢丹のオリジナル雑貨ブランドで、

服部一成氏、鈴木直之氏、角田純氏、川内倫子氏、進撃の巨人、ちはやふるなどとのコラボ商品を販売していました。

さかだちブックスが出版した本、「ぎふのモノ」でお世話になった、家田紙工さんの雑貨も発見しましたよ。

 

 

様々な岐阜を発見できる、大名古屋ビルヂング。

ぜひみなさんも訪れた際には、ちょっと気にして見てみてください!

2016-03-16 | Posted in あれこれ紹介Comments Closed 

関連記事