福丸さんの「のれん」の話〜後編〜

福丸さんの「のれん」の話〜前編〜からの続き。

 

岐阜スタイルの皆さんが「新店をオープンした福丸さんにのれんをプレゼントしたい!」といわれた事から、

リトルクリエイティブセンターでデザインし、小村屋幟店さんに昔ながらの“本染め”の技法で作って頂きました!

 

そしていよいよお渡しの日がやってきました。

この日は毎月第一金曜、「珈琲さむ」さんに商店主が集まって情報交流をする“朝の会”。
160503raw_1

「小さなクラフト展」や「岐阜てくてく」を発行している“岐阜スタイル”のメンバー、

“珈琲さむ”の青山さんと“やながせ倉庫”の上田さんから贈呈の儀です!
160503raw

福丸の森さんに、喜んで頂けました。

「早速取り付けるね!」と言っていただけたので、朝の会がおわってから、

福丸さんがある美殿町へ向かいます。

 

160503raw_2

美殿町は、長良橋通り沿いで柳ケ瀬本通がある交差点を東に曲がります。

 

160503raw_4

徒然舎さんやまちでつくるビル、漬物の美殿屋さんなどを通り過ぎると、

右手に「開屋」という大きな看板がついた建物があり、

その中に福丸さんのお店があります。

 

160503raw_5

到着した時、ちょうど森さんがのれんをつけてくださっていました!

「棒はまだ無いから、今は画鋲止めさせてもらっています!」と、森さん。

 

160503raw_11

無事設置も完了!(画鋲ですが。笑)

 

160503raw_9

とってもきれいな赤色です。小村屋幟店さんの丁寧なお仕事のおかげです!

 

160503raw_7

160503raw_8

大きくみると、こんなかんじです。

パシっとキマっています。

 

 

160503raw_10

これから、福丸さんのお店を訪れたときには、新しいのれんがお客様をお出迎えしますよ。

ぜひ美味しいたい焼きを食べながら、のれんにも注目してみてください!

 

 

たい焼き 福丸

住所:岐阜県岐阜市美殿町46

営業時間:11時〜19時

定休日:木曜日

2016-03-07 | Posted in 岐阜あれこれComments Closed 

関連記事