【岐阜】岐阜大学医学部食堂/岐阜ランチ

先日発売した、『ぎふ川原町』。

岐阜大学の富樫先生のもとに納品されたので、本の搬出の為に岐阜大学に伺いました。

『ぎふ川原町』発売

 

そしてそのあと、ご飯をご一緒する事に!

先生と構内を歩いて向かった先はこちら。

 

0202raw_1

岐阜大学病院です。

普段利用される方とは反対側、岐阜大学からの景色です。

右の建物が病院、左の建物が岐阜大学医学部棟です。

 

0202raw_2

岐阜大学は、教育学部、工学部、地域科学部、応用生物化学部、医学部があります。

土地がとても広く、学生でも新しい場所に行くには迷ってしまうし、移動は自転車が一番便利なほど。

構内には案内板が何カ所かに設置されています。

 

医学部は以前、メディアコスモスの場所にあり、2004年にこの柳戸キャンパスに移転してきました。

そのため、他の学部と新堀川を挟んだ場所に立地しています。

 

0202raw_3

0202raw_4

近づいてみると…

あ!サッカーボール!これは貯水タンクだそうです。

サッカーボールの横を通り過ぎて、医学部棟へ。

 

0202raw_5

今回は医学部棟の学食でランチです!

 

0202raw_6

生協が運営している食堂で、手作り感満載のポップがお出迎え。

 

0202raw_7

大学らしいな〜と思って進むと…。

メニューがディスプレイで表示されてる!

とてもハイテクです。さすが大学。

 

0202raw_8

一列に並び、自分が食べたいものがあるカウンターで、

おばちゃんに注文してその場で受け取るのが学食スタイル。

流れに乗りながら、自分の好きなものをゲットしようと気持ちが焦り、なんだかハラハラします。

 

0202raw_9

さあ、自分の番になりました!どれにしよう!

 

 

0202raw_10

全てここの厨房で作られているので、あったかくて美味しい料理がとにかく安い!

大学生に優しい食堂です。

 

0202raw_13

1の「主菜・丼」レーンをすぎると、3のレーンにもうひとつメインとして「麺」のレーンもあります。

麺の気分だったり、1のレーンで注文し損ねたりした人はみんなこちらで注文。

学食のシステムを理解するまでが大変です。

 

0202raw_11

0202raw_12

そして2は「サラダバー・総菜」レーン。

副菜として自分で調整して選ぶ事ができるので、食べ盛りの大学生にぴったりかもしれません。

 

ペットボトルや紙パックのドリンクや、ゼリー、プリンなどおやつも置いてあり、

自分の食べたいものが全てトレーの上に乗ったら、レジでお会計。

0202raw_17

とても広くてきれい!

半円型の部屋は窓が広く、外からの光が沢山入ってきて気持ちがいいです。

 

 

0202raw_14

和定食(さんま蒲焼き風&豚しゃぶ) 464円

 

0202raw_15

カレー 259円

 

もう一度言います。259円です!

 

学生のお財布に優しい、学食の素敵メニュー。

味ももちろん美味しいです。

0202raw_16

富樫先生と、『ぎふ川原町』の本が岐阜市内の色んな所に渡りつつある事や、

メディアコスモスでの磯井さんのまちライブラリーの講演の事、春になったら開催するけったリングツアーの事など

沢山お話できました!

 

 

食べ終わったら返却口へ。

0202raw_18

回転寿しみたいなレーンに乗せると、洗い場に運ばれます。

ごちそうさまでした!

 

0202raw_19

学食から出てきてまた新堀川を渡っていると、天気のいい青空がみえました。

山が近くにあり、田んぼや畑、きれいな川が流れ、のどかで良い場所です。

 

医学部の学食ですが、一般の方も利用できるのでぜひ行ってみてください!

 

 

岐阜大学医学部

岐阜県岐阜市柳戸1-1

2016-02-10 | Posted in 岐阜ランチ(お昼ご飯)Comments Closed 

関連記事