【美濃】SNOWFLAKE/岐阜マンが行く(仮)

少し前にユネスコ無形遺産に登録された美濃の和紙。

 

その中でも特に世界の人から注目をされている「 SNOW FLAKE/スノーフレーク 」の取材に

岐阜県美濃市へ行ってきました。

 

美濃市は「うだつの上がる町並み」として古い民家の町並みが有名ですが、

町並み以外にも、雄大な山々や日本三大清流の長良川があり

鳥のさえずりやさらさらとと流れる水の音など、大自然を満喫できます。

ちなみに、この日は野生の猿に会いました。

 

そして最近では、さかだちブックスでもお取扱いをさせていただいている『murmur magazine』の制作をされている、エムエムブックスさんの事務所が東京から美濃市へと移転されてくるなど、とても気になる街です。

 

2015032501

 

さて工房に到着すると…

 

おっ!工房前に「 SNOW FLAKE 」が!!

 

2015032502

 

「 SNOW FLAKE 」を1つ1つ丁寧に制作されている現場を拝見させていただき、

手漉きの素晴らしさ、和紙の生立ちなどを教えていただきました。

職人さんの手仕事、材料へのこだわり、すべてに感動です。

 

2015032503

 

2015032504

そして最後に、記念の一枚!

今回の取材では、一般公開していないところをお見せいただいたのですが

快く取材をお受けくださり、感謝感謝です。ありがとうございました。

良い本を作ります!頑張るぞー!

 

 

 

取材が終わり、横山さんが食べたいと言っていた極太めんのナタ切りそば屋へ。

そばを塩で食べたり、味噌で食べたり、とても通な気分を味わえる大人な逸品です。

 

2015032505

 

今回の「 SNOW FLAKE 」の貴重な話は、6月頃に発売予定の「岐阜マンが行く(仮)」に掲載します。

どうぞお楽しみに!

2015-03-28 | Posted in 新刊の取材Comments Closed 

関連記事