〈お取り扱い本の紹介〉季刊サルビア

サルビアさんが出版されている「季刊サルビア」を入荷しました!

DSC_0154

DSC_0156

季刊サルビアを少しご紹介

サルビアでは年に4回、『季刊サルビア』という小冊子を発行しています。

野にある植物を使った草木染め、あと数人しか継ぐ人がいないと言われる京都の木版画、

昔ながらのゆっくり編みのくつした、手製本、泥染め、保存食づくりなど、

日本中をまわりながらその活動を記録しています。ぜひ、一度手にとってご覧ください。

(HP参照)

 

サルビアを少しご紹介

サルビアは、衣・食・住などの暮らしのなかに、

「こんなものがあったらいいな」をかたちにしていく活動体です。

グラフィックデザイナーのセキユリヲが描く図案を使って、

伝統工芸や地場産業など、こだわりの職人さんたちと

現場で話しながら、ものづくりをしています。

2011年より、東京・蔵前にアトリエ兼ショールームを構え、

月いちショップやワークショップなどをひらき、

いまの暮らしによりそうものづくり・ことづくりを提案しています。

(HP参照)

 

是非、お手に取ってみてください!

 

季刊サルビア

http://www.salvia.jp/kikansalvia.html

2015-12-25 | Posted in 取り扱い本紹介Comments Closed 

関連記事