【美濃】株式会社シイング/さかだち求人図鑑

様々なお店や企業の求人情報をご紹介するさかだちブックスのオリジナルコンテンツ「さかだち求人図鑑」。

求人情報のご紹介と言っても、ただ会社情報や条件を掲載するのではありません。

さかだちブックスの杉田が、実際に企業に潜入!

一日職場体験を通して、職場の雰囲気や、仕事内容の実体験も含めて体験のレポート形式で求人情報をご紹介します。


今回ご紹介するのは、岐阜県美濃市の「株式会社シイング」さんです。

美濃市は日本有数の和紙の生産地。

シイングさんは和紙屋として明治元年に創業し、150周年を迎える老舗です。

現在は和紙を使ったユニークで楽しい紙製品の制作に力を入れています。

会社は美濃ICから車で5分ほど。

学び舎を思わせる印象的な外観は、前オーナーの学校のような社屋にしたいという想いから生まれています。

塔の上にはチャペルがあり、一見伝統的な和紙を扱っている会社らしからぬ雰囲気……!

早速、シイングさんらしい自由な発想が垣間見られます。

 

会社の近くには、江戸から明治時代に造られた古い商家が立ち並ぶ「うだつの上がる町並み」が広がり、国内外から観光客が訪れます。

長閑な町並みですが、コンビニやスーパー、ホームセンター、ガソリンスタンドなど、手の届く範囲に生活に必要なお店が集まっているので、車があれば日常生活には不便しません。

 

会社に到着すると朗らかな笑顔で出迎えてくださったのは、シイング代表の鷲見さん。

シイングさんは、現在パートさんを含めて5名で共に働いています。

社名は「紙を考える」という意味の造語。社名の通り、「和紙屋」と一言ではくくれないくらい、和紙の特長を活かしたあらゆる商品を積極的に開発されています。

例えば、シイングさんの定番商品「PAPER BALL」。

シイングさんは和紙問屋から始まっているため、全国の和紙の情報や繋がりが豊富なのが強みで、こちらは新潟にある日本で唯一の紙風船製作所と一緒につくった商品です。

もともと和紙でチャレンジしたものの、伸縮性に富み、繊維が粗いことから空気が保てず、紙を変え研究を重ねて空気の球をつくることを実現させました。

 

こちらは「かみのこより」。

実はこれ、数字の部分から軸の部分まで全て紙でできているのです!

着物の値札をつくるときに使われていた、「こより」の技術を商品に取り入れたもの。

ゆらゆらと独特の動きが針金とはまた違って、ユニークです。

 

お話をされている途中「楽しくなきゃね。」と、しきりに繰り返していた鷲見さん。

これがまさにシイングさんのモットー「楽しいを考える」。お客さんが笑顔になるような紙製品づくりを心がけていると言います。

それは鷲見さんの語り口からも、商品からもよく伝わってきました。

 

楽しい紙製品の数々を全国に発信するため、「ギフトショー」や「紙博」など年に5〜8回の展示会への出店も欠かしません。

今回募集中の職種のうちの一つ<企画営業>では、こういった展示会場でのPRも重要な役割です。

「自分で作ったものを売るのが一番人に伝わりやすい」という考えのもと、シイングさんの企画営業は、商品づくりのアイディア出しからお客さんに届けるところまで、全てを担うことができます。

積極的に社外に出て、様々なものを見たり、製造現場からヒントをもらったり、お客さんとコミュニケーションをとって要望を汲み取ることでアイディアを生みだします。

この日は、うだつの上がる町並みの一角にある「松久永助紙店」さんに営業へ。

お客さんとの話から具体的なイメージが見えてきたら、それを形にするデザイナーやイラストレーターとチームを組んで具体的に商品へと落とし込みます。

営業というと「売り込み」のイメージが強いかもしれませんが、商品の企画を考えたり、チームを動かしたりする立場なので、「ディレクション」の感覚にも近いかもしれません。

 

社内には紙加工をするためのおおよその設備が整っているので、試作をつくったり、小ロットの商品ならば社内で制作して販売ということもあります。

自分のアイディアが形になる過程を間近で見ることができたり、様々な人と近い距離で関わり合いながら働くことができるのは、小さな会社ならではの醍醐味です。

社内にいる間は、受注入力など営業関連全般のデスクワークもこなします。

商品を生み出すところから届けるところまで、全てに自分の手で責任を持って携われる仕事がシイングさんの「企画営業」です。

 

さて、仕事がひと段落ついたところで、うだつの上がる街並みにあるカフェでランチをいただきました。

美濃は最近、新しく宿泊施設や飲食店が増えてきています。

風情ある街並みに新しい風が吹き込み、町歩きが楽しいエリア。

普段は社内で食べることが多いそうですが、お客さんを迎える時や気が向いた時は外食ランチもできます!

 

また、現在シイングさんでは、美濃和紙の文化を広める広報活動にも尽力されています。

美濃和紙に関わる会社が一体となり美濃和紙をブランド化する「美濃和紙ブランド協同組合」があり、そのブランドマークが完成したところ。

美濃和紙に関わる会社の商品全般を扱う立場としてインターネット販売の拡充、イベント出店、サイト更新などを担う「広報的役割」も募集中です。

全国的に開催されている紙もののイベントや展示会に参加して、販売、PR、営業をしたり、美濃のまち自体のことを考える幅広い仕事。

紙ものに止まらず、日本の伝統文化や、地域産業に興味のある方、情報発信をしてみたい方にぴったりです。

発信の手段はライティングかもしれないし、映像かもしれません。枠にとらわれずフットワーク軽くチャレンジできそうです!

美濃の町、和紙産業をひっぱる元気で楽しい会社で働いてみませんか?


「シイング」募集要項

会社概要
住所:岐阜県美濃市段町165-17
電話:0575-33-0008
mai:info@shi-ing.co.jp
HP: www.shi-ing.co.jp
代表:鷲見恵史(すみしげふみ)
募集担当:同様(アドレスもinfoでOK)

<企画営業>

・東京、大阪を中心としたお客様への営業活動
・社内にいる際は受注入力など営業関連全般のデスクワーク
・自ら商品を企画し発売する事

<美濃和紙を広める広報的役割>

・インターネット販売の拡充
・イベント出店
・サイト更新

募集人数 各1名

基本土日休み(ただし、イベント出店等がある場合は振替休日となります。)

正社員、契約社員、パート社員同時募集
※給与応相談

<応募方法>

上記メール、電話にてご応募ください。

〇面接時は履歴書を持参ください(履歴書は返却予定)
〇普段着で面接OKです。
〇時間とタイミングあえばお盆の15、16日に履歴書は後日送付でもOKの面接も可能です。また土曜でも時間が合うようなら面接可です。ただ基本休日のためメール予約のみ。
〇応募者多数の場合は2週間程度の返答期間を頂く場合がございます。


さかだち求人図鑑

さかだちブックスでは、求人情報を掲載させていただける企業を募集中です。

さかだちブックスの杉田が実際に職場体験をし、そのレポート形式で求人情報を掲載します。

1日働かせていただける方がいらっしゃいましたらまずはお気軽にご連絡ください。

メール:mail@sakadachibooks.com

※掲載させていただいている求人の応募、詳細の問い合わせについては、さかだちブックスでは受け付けておりません。各企業・店舗に直接お問い合わせください。

おすすめ記事