【銀座】トークイベント「写真家×岐阜の出版社の役割」開催!

2018年6月16日に東京・銀座にある「ふるさと回帰支援センター」でトークイベントが開催されます。

テーマは写真家×岐阜の出版社の役割」。

東京と岐阜で2拠点生活をする写真家とデザイナーの視点から、場所にとわわれずにまちと関わりながら働く生き方を探ります。

そして、さかだちブックスを運営する株式会社リトルクリエイティブセンターの今尾さんもゲストとして話すことになりました。

フォトグラファーの福井さんの進行のもと、中津川で写真家兼業農家をされている小池菜摘さんと岐阜のことをアートとデザインという切り口でざっくばらんにお話させていただきます。

トークの後には交流会の時間も予定されており、ゲストだけでなく参加者同士も繋がれるような場になりそうです。

ぜひ皆さまのお越しをお待ちしております!!

 

…「東京に出ました」と昨年ご報告させていただいてから、ずっと東京で何をしているのか分からなかった今尾さん。

少しは東京で仕事をしてるっぽいです。笑

 


【ゲスト】

今尾真也 株式会社リトルクリエイティブセンター 代表取締役
広告やwebなどのグラフィックデザインやディレクション、ショップや街のブランディング、
商品の企画開発、出版社「さかだちブックス」や文具店「ALASKA BUNGU」の運営、
アトリエビル「やながせ倉庫団地」や「KAKAMIGAHARA STAND」の共同運営を行う。
http://sakadachibooks.com/

 

小池菜摘 Koike Lab.-creative office- 代表
1986年生まれ、大阪府茨木市出身(岐阜県中津川市在住)の写真家兼業農家。
4歳から写真をはじめ、2012年7月よりフリーランスとして活動。
http://koike-lab.com/

 


「写真家×岐阜の出版社の役割」~アートとデザインでマチをおもしろく!~

日時: 2018年6月16日(土)13:00-15:00
場所:ふるさと回帰支援センター 東京交通会館8階(JR有楽町駅前)
定員:30名(予約優先)
参加費:無料
お申し込み:申込みフォーム(http://www.furusato-web.jp/event/74782)または、お電話(岩瀬:080-7749-3317)にてお申し込みください。
お問い合わせ:清流の国ぎふ 移住・交流センター
080-7749-3317
gifu@furusatokaiki.net

Facebook:https://www.facebook.com/events/591557254541577/

 

2018-05-26 | Posted in あれこれ紹介, リトルクリエイティブセンターComments Closed 

関連記事