【キャンセル待ち】古来種野菜から考える、わたしたちの食のこと。

2017年12月2日に開催するトークイベント「古来種野菜から考える、わたしたちの食のこと。」の予約受付が11月25日に迫っています!

柳ケ瀬商店街にあるRESTAURANT & BAR Enzaを会場に、warmerwarmer代表の高橋一也さんをお迎えして、野菜や農にまつわるお話を伺います。

イベント後半は、半漁半農のご家庭で生まれ育ったイラストレーターの矢田勝美さんと、柳津町で有機農業を営むなずな農園代表の武山洋子さんを交えたクロストーク。さらには、Enzaシェフが腕をふるう岐阜の伝統野菜を使ったランチプレートもご用意します。

 

高橋さんはイベントや著書『古来種野菜を食べてください』を通して、昔から受け継がれてきた野菜とその種の大切さ、わたしたちの食を取り巻く野菜の流通について全国で発信し続けています。

わたしたちが普段何気なくスーパーで手に取っている野菜たちは、安価に大量生産を実現させるために生まれたF1種と呼ばれるもの。並んでいる野菜はきれいに形が整っていて、大きさもほとんど揃っています。

でも、本来野菜というのは人間と同じようにひとつひとつ形や大きさが異なって生まれてくるのが自然なこと。野菜が本来あるべき姿で育てられ、次世代に受け継がれていくためには、その「種」をつないでいく必要があるのです。

とはいえ、ほとんどの人が「古来種野菜」と言われてもあまりピンと来ないのが正直なところではないでしょうか?

わたしたちの食を改めて考え直すために、まずは知ることから。野菜や農家さんと真摯に向き合い続けてきた高橋さんのお話から改めて食のことを見つめ直してみませんか?

ご予約はこちらから。お待ちしております!


古来種野菜から考える、わたしたちの食のこと。

野菜って、楽しくって、美味しくって、でも、ちょっと切ない。

『古来種野菜を食べてください』の著者、wamer wamerの高橋一也さんをお迎えして、

伝統野菜やそれをつなぐ種、そして農業のことをお話いただきます。

後半は食というテーマににイラストレーターとして関わる矢田勝美さんと、

岐阜市柳津町で有機農業をされているなずな農園代表の武山洋子さんを交えたクロストーク。

会場であるRestaurant & Bar Enzaのシェフが腕を振るった

岐阜の伝統野菜を使ったランチプレートを囲みながら

わたしたちの食のこと、改めて考えてみませんか?

開催日:2017122日(土)
時間:11:30~14:00(11:00 open)
会場:RESTAURANT & BAR Enza(岐阜市柳ケ瀬通1-31オアシス柳ケ瀬ビル1F)
参加費:3500円(古来種野菜を使ったランチ付き)
ゲスト:高橋一也(warmerwarmer代表)
クロストーク:矢田勝美(イラストレーター)、武山洋子(なずな農園代表)
司会:杉田映理子(さかだちブックス)
お問合せ:ご予約、お問合せはお電話からご連絡ください。

     電話 058-214-2444(さかだちブックス担当:杉田)

※トークのみ(1500円)のご予約も受付 いたしますのでお問い合わせください。

主催:山本佐太郎商店
書籍出張販売:さかだちブックス
Facebook:https://www.facebook.com/events/140746349909389/

 

 

2017-11-24 | Posted in あれこれ紹介Comments Closed 

関連記事