【INTERVIEW】おもしろ人生クリエイター ニッシーさんってどんな人?<後編>

2017年11月24日(金)にKAKAMIGAHARA STANDにてさかだち談話室第一夜「ためにならない就活論」を開催します。

学生から社会人になるときにだれもが直面する「就活」という問題。

今回はいわゆる「新卒一括採用」の就職活動の流れに違和感を感じ、周りとはちょっと違うそれぞれの「就活」で今の働き方を選んだ社会人1年生のさかだちブックスの杉田さんと、かかみがはら暮らし委員会の戸髙翼さんが「就活」そして「はたらく」について語ります。

当日トークの聞き手役を務めてくださるのはニッシーこと西田知佳さん。

“はたらく”に関する様々なことを生業にされており、これまでに1000名以上の転職相談や、就職相談に応えてきた就活のプロです。

そんな頼もしいファシリテーターのニッシーさんは一体どんな方なのでしょうか。

当日は聞き手役ということであまりニッシーさん自身のお話をお聞きする時間がありません。それでは勿体無いということで、イベントに先駆け、インタビュー取材をさせていただきました!

前編>に引き続き、<後編>では普段のお仕事の様子やイベントへの意気込みをお届けします。


「企業の面接から大学のセミナーまで。“はたらく”にまつわる4つのしごと。」

杉田:“はたらく”にまつわるお仕事をされているとのことですが、普段は具体的にどういったお仕事をされているんですか?

西田:今年からフリーランスになったとはいえ、昨年度まで社員として働いていた会社からの仕事がメインです。内容は大きく分けると4つかな。まず1つ目が就活に悩んでいる学生の相談に乗る「就活相談」。相談に乗った上でこういう仕事があるよっていうのを紹介してあげる。それと同じようなジャンルで「転職相談」。社会人のキャリアの相談から求人の紹介など、転職活動をトータル的にサポートする仕事。3つ目が企業向けということで「採用支援」。具体的にいうと、人材不足と言われているなかで、どうやったら人が採れるのかというのを悩んでいる企業さんってたくさんあるから、その相談にも乗ったり、自分が採用窓口になることもあります。外部人事ですね。

杉田:へー! じゃあ、ニッシーさんが面接もされるんですか?

西田:そうそう。エントリーシートも見るし。最終面接はもちろん社長さんがやるんだけど、そこに同席して内定出すか出さないかというところまで一緒に考えます。採用が決まったあとも、新卒だったら入社までちょっと期間が空くから、その間もフォローしてあげたりもします。そして最後4つ目に、今話してきた3つの仕事を活かして、講演やワークショップもしています。それも学生向け、社会人向け、企業向け全部あります。

杉田:なるほど。地域でいうと岐阜、名古屋?

西田:だいたい東海三県(愛知・岐阜・三重)ですね。

杉田:最近は大学にも出入りされているんですよね?

西田:そうそう、大学で企業の探し方などをテーマに就活応援講座をしたり。あとは出張就活相談みたいな感じで、大学のキャリアセンターの一角を間借りして半日くらい学生の相談にのることもあります。

杉田:私、大学生の時にニッシーさんに出会いたかったって最近すごい思います(笑)!!

西田:(笑)。

杉田:学生さんはどんな相談をしにくるんですか?

西田:時期にもよりますけど、3年生の後半からはひたすらエントリーシートの添削ですよ。

杉田:今回のイベントでテーマにしているような、そもそも働くことに対する価値観とかもやもやとかそういう相談はないんですか?

西田:ない! 大半が新卒一括採用のレールに乗っかるからね。

杉田:そうかー。就活のハウツーのような相談になってしまいますよね……。実際そういうハウツー的なのって答えはあるんですか?

西田:ないよ!(苦笑)。 だって、就活の時ってみんな就活用の自分を作るじゃん。

杉田:それが気持ち悪くて……。

西田:自分を作って内定もらったとしても、その自分で会社に入った時にミスマッチが起きる場合がある。せっかく頑張って就活したのに。もったいない。そうならないように、私は一般的なハウツーよりも素を出せっていうようにしている。答えはないけどね。

 

「「おもしろ人生クリエイター」に込められた想い。」

杉田:「おもしろ人生クリエイター」という肩書きが気になってしょうがないのですが、これにはどういった由来があるのですか?

西田:前に勤めていたところで、自分の仕事観を話すイベントがあって、そのイベントは必ず自分自身にキャッチコピーをつけなくてはならなかったんです。ご存知の通り、私全然ネーミングセンスないので(笑)、考えてはみたものの思いつかないから、一緒に働いていたセンスある後輩に、キャッチコピーをつけてくれと頼んだんです。そうしたら「今まで歩んできたキャリアが自分自身でも楽しんでいる感じがおもしろいし、さらに関わる人のキャリアとか働くとか人生も、自分自身と同じようにおもしろく感じて欲しいなと思っていますよね」と言われて。だから「おもしろ人生クリエイター」だと思います! と言ってもらったんです。

杉田:なるほど、それがしっくりきたんですね。

西田:そうそう。それでここ3年くらい使っている。

杉田:クリエイターというニュアンスは自分自身にもかかっているし、自分と関わる人にもかかっているんですね。

 

「来てくれた方に、選択肢きっかけを残したい。」

杉田:今回のイベントは「ためにならない」と公言してしまっているので、プロにファシリテーターを頼むのは実はちょっと躊躇しました(笑)。普段は真面目な就活セミナーなどをされていると思うんですが、こういったイベントのファシリテーターはされたことはありますか?

西田:自分が自分でいられる状態でファシリテーターをしたことは実は初めてかも。ゲストとして話すことはあっても、ファシりする側っていうのはなかなかないチャンスなのですごくありがたいなと。今は立場とか気にせず堂々と言えるし。

杉田:それってやっぱりフリーの強いところですよね。フリーのお仕事と立場が決まっているようなお仕事ではスイッチの入れ方は違うんですか?

西田:私はこんな性格だし、嘘はつけないから、基本的に「こうしなきゃいけない」とか言われることは少ないんだよね。ありがたいことに任せてもらってる感じ。自分らしさも出せるから、社員という働き方をやめても、一緒に仕事できているのかも。

杉田:そういう意味ではバランスがいいんですね。今回ニッシーさんに聞き手をしていただくことで、私や他の登壇者の体験談的なことだけで終わらずに来てくれた方にも自分ごとに落とし込んでいただけるようにしたいと思っているんです!

西田:そこは重要だよね。聞いてくれた方の何かのきっかけにしていきたい。これからの働き方や生き方の選択肢を増やして、アクションを起こしてもらえるようなイベントにしたいなと思っています。一方的に聞いてもらうだけじゃなくてね。

杉田:話を聞いて終わるだけでなくて、次自分がどうなりたいか、どうしたいか? というところにたどり着けたらと。

西田:価値観を広げられたらいいよね。どれを選択するかというのは自分次第だけれど、選択肢を広げた上で選ばないと後悔しちゃうから。交流会でもみんなのアクションを考えられるようなつながりになればいいなと。

杉田:そうですね。私もがんばります。ニッシーさん、ありがとうございました! 当日もどうぞよろしくお願いします!

 

 

今回ご紹介させていただいたニッシーさんのHPはこちら→https://www.6oo3in.net/

さかだち談話室第一夜「社会人1年目による、ためにならない就活論」は11月24日(金)19時からKAKAMIGAHARA STANDで開催します。

就職を控えた大学生はもちろんのこと、社会人の方もぜひ気軽にご参加ください!

 


 
さかだち談話室 第一夜「社会人1年目による、ためにならない就活論」
学生から社会人になるときに誰もが直面する「就職」という問題。
今回はいわゆる「新卒一括採用」の就職活動の流れに違和感を感じ、
周りとはちょっと違うそれぞれの「就活」で今の働き方を選んだ社会人1年生が
「就活」そして「はたらく」について語ります。
聞き手は学生の就職支援や社会人の転職相談、若者就労支援など、
これまでに1000名以上と向き合ってきた“はたらく”にまつわるプロである西田知佳さん。
 
進路に迷っている学生や、今の仕事にもやっとしている社会人へ。
ためにはならないかもしれないけど、「はたらく」について、いっしょに考える2時間です。
開催日:11月24日(金)
時 間:19:00~21:00(20:30~交流会)
場 所:KAKAMIGAHARA STAND
参加費:¥600+1d
定 員:25名
聞き手:西田知佳(おもしろ人生クリエイター)
社会人1年生:戸髙翼(一般社団法人かかみがはら暮らし委員会) 
       杉田映理子(株式会社リトルクリエイティブセンター/さかだちブックス)
お問合せ:058-214-2444(さかだちブックス担当:杉田)

 

2017-11-15 | Posted in あれこれ紹介Comments Closed 

関連記事