【岐阜】手づくり和菓子カフェ まろん

伊奈波通と長良橋通りが交差するあたりにある「手作り和菓子カフェ まろん」さんは、お抹茶と季節の和菓子が気軽に楽しめる小さなカフェです。

さかだちブックスの読者の方から「おすすめなのでぜひ行ってみて欲しい!」という声をいただき、実際に行ってみました。

 

クリーム色の建物に、大きく「まろん」と書かれた、なんだかほっこりとする外観。

駅からは少し離れた場所ですが、駐車場もあるのでご安心を!

 

メニューはお抹茶またはお煎茶と季節の和菓子の組み合わせで選べます。

 

常時3種類の和菓子は不定期で季節によって変わるそうで、この日ショーケースに並んでいたのは「パンプキンぽこ」「十五夜」「かぐや姫」。

どれも可愛らしい見た目とネーミングで迷います。

 

お煎茶とかぐや姫(750円)

夏季限定の冷たいお煎茶をいただきました。お店の方によると、お抹茶とお煎茶ではお抹茶を選ぶお客さんが圧倒的に多いそうですが、実はお煎茶は流派の種類がものすごく多く極めるとかなり奥が深いそうです。

冷たいお煎茶はポットで提供していただけるので、2杯分楽しめるのですが、これにも意味がありました。

1杯目はお菓子の味を邪魔しないようあまり濃く出さずにいただき、2杯目はお菓子の後に飲むので1杯目より濃いお煎茶をいただきます。

意識していないと気がつかないかもしれませんが、確かに2杯目の方が色も濃くなっていました!

 

かぐや姫と名付けられたういろうは、竹取の翁が光る竹の中に小さな姫を見つけるというストーリーが眼に浮かぶようなかわいらしいお菓子でした。

 

お抹茶とパンプキンぽこ(750円)

秋らしいかぼちゃの和菓子。すくなかぼちゃとチーズのあんはほんのり甘くてとても食べやすい和菓子でした。

この丸くて愛らしい「ぽこ」シリーズは、これまでも「五月のぽこ」「チーズぽこ」があったそうで、次の季節にも期待です!

 

お抹茶も和菓子も普段食べ慣れていないので、作法をどうしたら良いかわからずなんとなく先にお抹茶をいただいたのですが、あとから店員さんに確認すると、どうやらお抹茶は和菓子の後にいただくのが正しいそう!

でも、「ここではそういった細かい作法は気にしないでゆっくりしてくださいね。」とのこと。

 

とても気さくな店員さんで、よかったらこちらも見てくださいと案内していただいたのは、猫の雑貨や陶器のコレクション。

大の猫好きだそうで、「まろん」という店名も昔飼っていた猫の名前だそうです。

 

甘いものの後のお口直しにと、最後にほうじ茶とお漬物もいただきました。

なんと湯のみまでお手製だそうです!

すっかり和んでしまいました。

 

和菓子を食べられるカフェはこの辺りでは珍しく、家に持ち帰って食べるよりも、おいしいお茶といっしょに解説付きで楽しめるのでとてもおすすめです。

ただし営業されているのは金、土、日のみなので気をつけてください!

 


手作り和菓子カフェ まろん

住所:岐阜市矢島町1-49-1 毛利ビル 1F

営業時間:10時30分〜17時

定休日:月〜木

2017-10-07 | Posted in おすすめ店紹介Comments Closed 

関連記事