【岐阜】長良川おんぱく/岐阜市中央青少年会館

元・明徳小学校の南舎をリノベーションしてつくった岐阜市中央青少年会館という建物があります。

 

 

今回、中央青少年会館で、長良川おんぱく2015のパートナー説明会が行われました。

 

“長良川おんぱく”とは、今年で5年目になる長良川温泉博覧会のこと。

毎年10月頃、『鵜飼シーズンの終わった長良川温泉へ訪れる観光客が楽しめるイベントを』

ということではじまった長良川おんぱくは、

今では期間中に140ものプログラムが開催される岐阜の1大イベントとなっています。

 

 

まずは、昨年の長良川おんぱくの様子や、集客状況、

人気プログラムのキャッチコピーの付け方分析などをお聞きしました。

DSC_0003

 

 

そしてその後、実際に自分が行おうと考えているプログラムの練り練りシート作成をします。

2人1組のインタビュー形式で行い、しゃべりながらでてきた良い言葉をピックアップしてメモ。

 

まだ何を開催するか決めていないさかだちブックスは、

あーでもないこーでもないと、ペアとなった福島さんに相談しながら

なんとか練り練りシートを埋める事が出来ました。

 

 

 

みんなの練り練りシートが埋まったら、発表です!

前にでて、それぞれ決めたプログラムを1分で紹介しました。

 

 

さかだちブックスのペアをしてくれた福島さんは、

珈琲と和菓子のコラボを提案するプログラムを3年連続開催しているチーム「パッチワーク」のメンバー。

「珈琲を楽しむ文化を伝えたい」

「岐阜に沢山ある、ステキな和菓子を紹介したい」

という気持ちをもって、毎年、まちあるきと珈琲・和菓子の食べあわせ、

そして和菓子づくり体験のプログラムを企画しています。

 

今年はどんなテーマの珈琲×和菓子になるか、楽しみです。

DSC_0009

 

 

こちらの女性は、岐阜市で三代続いている小村屋幟店・若女将の堀さん。

染めと織物をテーマに、子どもから大人までを対象とした美術授業や造形ワークショップなどを行う他、

造形作家としての作品発表も行ってみえます。

 

DSC_0015

 

今回の練り練りシート発表では、

江戸時代から伝わる知恵「裂き織り」の技法を、アートイベントがよく開催されるステキなお寺で体験できるという、

親子向けのカフェプログラムを開催されるとのことでした。

 

 

 

DSC_0017

 

今回のパートナー説明会で提案があった企画は9つでした。

どれもステキなプログラムで、岐阜の文化や食べ物、土地を知ったり体験できることばかりで面白そうでした。

 

 

 

さて、さかだちブックスは、どんなプログラムを出すのでしょう。

練り練りシート通りにいくか、はたまたがらりと変わるのか…どうぞ、お楽しみに!!

おすすめ記事