【柳ケ瀬】「RESTAURANT & BAR Enza」8月12日オープン!

8月12日に柳ケ瀬に新しく「RESTAURANT & BAR Enza」がオープンします。

オープンに先駆けて行われたレセプションにさかだちブックスを運営するリトルクリエイティブセンターのメンバーでお邪魔しました。

場所はもともと「brasserie malkin」だったところ。

先月、新装オープンするためにmalkinが閉店してから、1ヶ月足らずで内装、外装ともの新たにスタートしました。

店名である「Enza」(円座)は柳ケ瀬で唯一の森を抱き、柳ケ瀬で最も大きな場所に、木を囲み、火を囲むように、たくさんの人が集う姿を想って名付けられたそうです。

ランチは3種類のコース料理(1800円)で、今回はメインのお料理が選べるBコース(2300円)をいただきました。

まずは前菜のEnzaサラダです。

彩り鮮やかな15種類もの新鮮な野菜が盛り込まれた美しいお料理。

パプリカのソースとパセリのソースに、にんじん、しょうが、きのこのマリネが入ったさっぱりとした前菜です。

地元の有機野菜にこだわったお料理は、野菜の味がしっかりと感じられてメインのお料理にも期待が高まります!

お料理と一緒に楽しむドリンクは3種類のムレスナ社のフレーバーティー。

ムレスナティーは世界屈指の紅茶大国スリランカの紅茶だそうで、

まず1種類目は爽やかなフルーツの香りが特徴のニューヨークオレンジ。

柑橘系のフルーツを思わせる黄色味がかったアイスティーで、マンゴーの香りがするからかなんとなく南国を思わせる夏らしい味わいでした。

メインディッシュの文殊にゅうとんのロースソテーが運ばれてきました!

ローズマリーのソースと季節の野菜が添えられています。

厚切りのかなりの満足感で、ソースは野菜にもよく合います。

土日限定で、Enzaの一押しである薪火で焼き上げたソテーも楽しむことができます。

素材本来の旨味を味わえるよう、海外から特別なグリラーを取り寄せたそうです!

こちらは、若鶏と夏野菜の有機トマト煮込み。

香り高いバジルのソースが添えられています。

しっかりと煮込まれたお肉は柔らかく、トマトとの相性は抜群。

鮮やかで見た目だけでも元気の出る一品でした!

天然鮮魚のソテー。この日の鮮魚はスズキでした。

身が肉厚で外側はカリッと、中はふわっと焼き上げられており、アンチョビとオリーブ、ケッパーのソースを絡めていただきます。

緑を貴重に仕上げられたお料理は上品でとても綺麗でした。

どのコースにも自家製のフォカッチャが含まれており、自由におかわりができます。

2種類目のフレーバーティーはホットで、セブンベリーロンドンという、その名の通り7種のベリーが混ざった紅茶です。

クランベリー、ストロベリー、ラズベリー……さすがに7種は当てられませんでしたが、紅茶とは思えないほどはっきりとベリーの香りが漂います。

3種類目のキャラメルクリームティーはデザートのように甘い香り。

でも、味自体はすっきりとしているので不思議な感覚。食後にほっと落ち着く1杯でした。

最後はココナッツとデラウウェアを添えたフランボワーズのソルベ。

まるで果実をそのままかじったように酸味が強く、お口の中をすっきりとさせ、コースランチを締めくくってくれるデザートでした。

内装はシックで落ち着いた雰囲気。バーカウンターもあるので、夜はお酒とともにまた違った雰囲気で楽しむことができそうです。

柳ケ瀬にまたひとつ素敵な空間が誕生しました。

本オープンは8月12日の18時です。

特別なひと時を過ごしに、ぜひ足をお運びください!

 


RESTAURANT & BAR Enza

住所:岐阜市柳ケ瀬通り1-31 オアシス柳ケ瀬ビル1F

営業時間:11:30~15:00(o.s.14:00)

18:00~24:00(o.s.23:00)

定休日:水曜

 

 

2017-08-10 | Posted in おすすめ店紹介Comments Closed 

関連記事