【長野】ALPS BOOK CAMP 2017

7月28〜30日に長野県大町市の木崎湖キャンプ場で「ALPS BOOK CAMP 2017」が開催され、

さかだちブックスも2、3日目に出店させていただきました!

今年で4回目となるALPS BOOK CAMP、通称「ABC」は湖畔で本を愉しむイベント。

本屋さんはもちろんのこと、フードや雑貨などの出店者さんが木崎湖に集まります。

さかだちブックスは第2回目から参加させていただいています。

 

1日目は雨がぱらつく不安定な天気でしたが2日目は夕方までなんとか持ちこたえ、7月とは思えないほど涼しく快適な気候でした。

桟橋で遊んだり、湖で泳ぐことができるので、こどもから大人まで幅広く楽しめるイベントです。

 

 

この日はさかだちブックスの新刊本「地方に住みはじめました。岐阜市編」の発売日!

新刊のほかにもさかだちブックスの出版本とオリジナルグッズを持って行きました。

 

新刊本は「県外の方に岐阜市を紹介する」という趣旨で作ったので、岐阜県外の方に手に取ってもらうには絶好のチャンス!

岐阜のことを少しでも知ってもらうため、新刊を編集した杉田さん自らお客さんにPR。

岐阜には行ったことがないというお客さんがほとんどでしたが、本を手に取り「岐阜行ってみたい」「おもしろそうですね」といった声をいただきました。

 

わたしたちと同じ岐阜からは、飛騨にある「白石家とやわいや書店」さんが出店されていました。

「白石家」さんは美味しいものが大好きなご夫婦のユニットで、「やわい屋」さんは器と古本のお店。

今回は「珈琲と鞄と旅する古本」がテーマだそうです。

白石さんは飛騨で古民家を改修して暮らしており、やわい屋さんは古民家を移築してお店を営んでいるそうで、みなさんとても気さくであたたかい雰囲気の方々でした。

近々飛騨に遊びに行きます!

年々規模が拡大しているABCですが、今年はなんと2会場での開催。

ボートが2つの会場をつなぎます。

着いた先の「木崎湖POW WOW会場」に、奈良の本屋「とほん」さんを発見!

こちらの会場ではテントではなくバンガローでの出店で、中では靴を脱いだお客さんが本を手に取りくつろいでいました。

拡大したのは会場だけでなく、ステージプログラムも。

3日間で10名以上ものアーティストが生演奏で会場を盛り上げました。

訪れた時に演奏されていたのはシンガーソングライターの柴田聡子さん。

透明感とはりのある歌声が空間にぴったりでした!

そして、イベントの醍醐味のひとつでもあるのがおいしい食べ物。

松本に住んでいた頃に杉田さんがよく足を運んでいたというsomething tenderさんのカレーをいただきました!

湖と山を眺めながら食べるとより一層おいしく感じられます!

ご飯のかわりにクスクスが使われていて、初めて食べる食感。

スパイスがよく効いていて、とても元気の出るおいしさでした!

 

どこかで見たことがあるお店だな……と思ったら、柳ケ瀬で毎月恒例の「サンデービルヂングマーケット」に出店されている移動式花屋「ラフイユ」さんでした!

並んでいたのはブッダナッツと呼ばれる木ノ実の中に紫陽花のプリザーブドフラワーを組み合わせたもの。

インテリアとして飾ったり、上から吊るしたりしてもきれいな作品です。

8月のサンビルにも出店されるそうなので岐阜の方はお楽しみに!

 

途中、富山からお越しの女性4人組が新刊に興味津々で手に取ってくださいました。

岐阜にはほとんどいらしたことがないそうですが、「おもしろそうだから近々この本を持って岐阜に行きます!」とみなさん。

実際に岐阜市に遊びに来てくださることを願って制作していたので、とても嬉しいことでした!

そのほかにもたくさんの嬉しい声をいただき、2日間の出店は無事終わりました。

天気が不安定な中、お越しいただいたみなさま、本当にありがとうございました!


ALPS BOOK CAMP2017

<日時>
7/28(金)前夜祭 15:00 − 21:00
7/29(土)    10:00 − 21:00
7/30(日)    10:00 − 16:00

<入場料>
前夜祭       500円
1日券(土/日) 1000円
フリーパス     1800円
小学生以下無料

<会場>
会 場 A:木崎湖キャンプ場 | 長野県大町市平森9707−1
会 場 B:木崎湖 POW WOW | 長野県大町市平森19004−1

<主催>
栞日 sioribi
長野県松本市深志3-7-8
0263-50-5967
info@sioribi.jp

2017-07-31 | Posted in あれこれ紹介Comments Closed 

関連記事