【新刊情報】「地方に住みはじめました。岐阜市編」まもなく発売!

さかだちブックスが企画・編集をした新刊が2017年7月29日(土)に発売します!

 

 

タイトルは『地方に住みはじめました。岐阜市編』。

3ヵ月前に岐阜市に住みはじめたさかだちブックスの杉田さんが、初心者の視点で「岐阜市」を紹介している岐阜入門本です!

 

この企画のはじまりは、「県外の友達が岐阜市へ遊びに来てくれる時に、どこへ連れて行くと楽しんでくれるだろう」というところから。

つまり、この本を手に岐阜市を回ると、岐阜初心者さんにオススメなスポットをやさしく教えてくれるというわけです。

 

暮らしていくうちに気がついた他県と違うおもしろさや抱いた疑問なども交えてご案内しているので、意外と岐阜市民が読んでもおもしろい本になっていると思います。

岐阜市へお越しの際は、ぜひお供させてください。

 

主な内容

1 住みはじめの岐阜散策
2 移住座談会
3 住みはじめて出会った「いい店」
4 ぎふみやげ
5 住みはじめのススメ
6 特別付録MAP

 

岐阜市をまったく知らなかった杉田さんが、3ヶ月間で感じたことや出会ったものごとの紹介を通して、県外の方が岐阜に興味を持つきっかけになれば嬉しい、そんな想いでまとめた1冊です。

もちろん、地元民でも観光客でもないその視点は、県外の方だけでなく岐阜の方にも楽しんでいただけるのではないかと思います。

 

移住座談会

この本の目玉とも言える「移住座談会」。北は秋田、南は熊本までここ数年の間に県外から岐阜市に移住して来た方にご協力いただき、岐阜についてざっくばらんにお話しいただきました。

岐阜の方に読んでいただくのがちょっと不安な気もしますが(笑)、当日の温度をそのまま本の中に詰め込みました。

 

取材の様子① 「徒然舎」さん

住みはじめて出会った「いい店」では、古本屋、カフェ、食堂など6つのお店をご紹介。

お店を営むことへの想いや岐阜のまちについてお話を伺いました。

県外から訪れた時に立ち寄りたい場所でもあり、長く通いたい場所でもある、そんなお店にご協力いただきました。

取材の様子② 「YAJIMA COFFEE」さん

店主のみなさんのお話しを伺ったことで、それぞれのお店がさらに好きになるような取材でした。

本には掲載しきれなかった内容はさかだちブックスのHPに記事として公開していますので、そちらも合わせてご覧ください。

実は発売日である7月29日(土)は、長野県大町市・木崎湖キャンプ場で開催される「ALPS BOOK CAMP 2017」の当日。

湖の湖畔で本と音楽、そしておいしい料理が楽しめるこのイベントに、さかだちブックスはできたての新刊本を携え出店させていただきます。

出演アーティスト、出店者さんの情報も随時公開されていますので公式サイトをご覧ください。

 

また、お取り扱いいただける店舗を随時募集中です!

ご興味を持っていただきましたらメールやHPのお問い合わせフォームからぜひお気軽にご連絡ください。

まずは案内書をお送りいたします。

近日中にはAmazonでもご購入いただけるよう準備中ですので、今しばらくお待ちください!

 


地方に住みはじめました。岐阜市編

2017年7月29日(土)発売予定

B5・35ページ・フルカラー

販売価格:650円+税

東京生まれ東京育ち、岐阜のことは何も知らずに岐阜市へ引っ越して来たさかだちブックスのスタッフが、住みはじめの3ヶ月間で自転車で街を走り回り岐阜市の案内本を制作しました。地元民でも観光客でもないその間の視点からみた、初心者による初心者のための岐阜入門! オリジナルの岐阜市MAP付き。

 

さかだちブックス

住所:岐阜県岐阜市神田町6-16-2

HP:http://sakadachibooks.com/

メール:mail@sakadachibooks.com

電話:058-214-2444

2017-07-22 | Posted in 新刊の取材Comments Closed 

関連記事