【柳ケ瀬】「岐阜のおみやげ展」スタート!/やながせ倉庫団地

7月16日(日)より「やながせ倉庫団地」では「岐阜のおみやげ展」が始まっています。

やながせ倉庫団地は現在約160組のハンドメイド作家さんの作品を委託販売しているスペース。

今回は夏休みシーズンに合わせて、様々なジャンルの作家さんが岐阜にまつわる作品を特別に制作し展示販売しています。

やながせ倉庫団地ではボックスの集合体を団地の棟に見立てており、A〜H棟まであります。お土産展の特設スペースは、昨年同様に入り口付近のC棟の上です。

集まった作品のなかから、少しだけご紹介していきます!

「やながせ倉庫」の入居者でもある「花雑貨Roji」さんは流行りのハーバリウムで岐阜を表現。

長良川の四季を表した「清流-seiryuu-」は透明感のある涼しげに、「和紙-washi-」は岐阜の伝統文化である美濃和紙を花と一緒に入れることにより、やわらかな質感に仕上げてあります。

普段から「岐阜のおみやげシリーズ」を制作されているスーベニイルさんからは岐阜の県鳥である雷鳥のブローチ。

ぽってりとした形が愛らしく、どこにでも連れて行きたくなるような作品です。

毛色と形がそれぞれ違うのでお気に入りの子を連れて帰ってください!

この他にも、鮎のブローチや手ぬぐいなど定番の商品も並んでいます。スーベニイルさんのブログによると「さらに新アイテムも登場する、かも?」だそうです。お楽しみに!

それぞれ趣向を凝らした一点もののブローチを出展されている作家さんがたくさんみえます。

こちらは団地の向かいにアトリエを構える「アトリエトコロテン」さんの作品。

台紙にも鵜飼の絵柄が施されパッケージにもこだわっているので、お土産にもお勧めです!

柳ケ瀬をイメージした香りのアロマは、今年新設されたH棟に入居されている「スワンアロマテラピー」さんの作品。

甘酸っぱい柑橘系のさわやかな香りと、どこか懐かしい温かみのある香り。

アロマポットとのお得なセット販売はやながせ倉庫団地限定なので、気になる方はお早めに!

そして、一際存在感があったのは「ひげにいに」さんの「枝豆ラメー人」の置物とブローチ。

岐阜で有名な枝豆を食べ過ぎて、胸から枝豆が出てきてしまったらしいです(笑)。

手に持っているヘルメットには磁石で枝豆がつけられるという仕掛けつき。

ひげにいにさんの世界は妙に病みつきになります!!

この他にも岐阜をモチーフにした様々な作品がならんでおり、作家さんの岐阜愛を感じました。

8月31日までの会期中、随時作家さんから作品が届くそうなので、ぜひ帰省や夏休みのお出かけの際におでかけください!


やながせ倉庫団地<岐阜のおみやげ展>

住所:岐阜県岐阜市弥生町10やながせ倉庫1階奥

営業時間:12時〜19時(通常は18時まで)

定休日:火・水曜日

HP:http://yanagasesouko.com/publics/index/44/

 

 

 

おすすめ記事