【岐阜】手打ちうどん なお支店/岐阜ランチ

この日はちょっと遅めのランチで、「手打ちうどん なお支店」へ。

11時半から17時まで通しで営業されいるので、ランチを食べ損ねた時にもおすすめのお店。

紺色の暖簾がよく似合う外観から、昔ながらの古い内装かと思いきや、明るく清潔感のある雰囲気。女性1人でも抵抗なく入れそうです。

お昼時は過ぎていたのにも関わらず、3つのテーブル席は満席。さすが、街の人気店です!

ちなみに会社からも近く、リトルクリエイティブセンターのメンバーは皆んな常連です。

 

お品書きには30種類以上ものメニューがあり、うどんだけでなくお蕎麦や丼ものもあるので、季節や気分によって色々楽しめます。

 

冷やしたぬきうどん(470円)

 

この時期の蒸し暑さには、つるつるっと冷たいうどんがおすすめです。

うどんにわさびは珍しいと思いましたが、よいアクセントになります。

 

うどんころ(530円)

 

ちなみに、ころうどんは東海地方独特の文化。冷やしうどんともまた違って、つゆが濃くて少ないぶっかけうどんのようなものです。

常連客である今尾さんに薦められて、杉田さんは初めて食べるころうどんの「うどん」を「きしめん」に変更。

きしめんも、もちっとこしがあって食べ応えがあります。

メニューによっては変えられないものもありますが、ほとんどはきしめんでも注文できるのでお試しください!

ちなみにメニュー表には「きしめん」は載ってませんが、お店の方に聞けば変更できます。

常連ぶることが出来ます。

 

味噌煮込み 玉子入り(650円)

 

今尾さんはなぜか、この蒸し暑い中、真冬のようなメニューを注文。

白米と一緒に食べるのがちょうどよいくらいの味噌加減。

塩辛いから暑い時に食べるのも意外といけるのだそうです。

 

「うどんときしめんと煮込みのうどん、それぞれに個性があって美味しいね」とリトルの臼井さん。

なおのお店で出される、そば以外のうどんやきしめんは店主の手打ち麺で、どれもこだわりがある美味さです。

 

夏バテ気味で食欲がなくなってくる時期ですが、薬味の効いたなおのうどんならさらっと食べられます!

ぜひ足をお運びください。

 


手打ちうどん なお支店

住所:岐阜市三番町19

営業時間:11時30分〜17時

定休日:土曜日

2017-07-12 | Posted in 岐阜ランチ(お昼ご飯)Comments Closed 

関連記事