【岐阜】第63回小さなクラフト展

4月、6月、10月、12月の偶数月の第1土曜日に、八幡神社で開催されている「小さなクラフト展」。

「人と人」「店と店」「人と店」をつなげて輪を作ろうと、2005年に始まったイベントで今回で63回目となりました。

毎回、中心となって準備をされている、やながせ倉庫の上田さんが用事で不在のなか、庭師のヨシローさんを中心に準備が始まりました。

杉田さんもヨシローさんの助手として設営をお手伝い。

「これどうしますかー?」と聞くと、大体は「テキトーで!」と返事が返ってくる“ゆるい現場”。

みんなの協力で会場が出来上がっていきます。

4月にしては肌寒く、空模様が心配されましたが、イベント開始の午前10時には雨は上がって一安心です。

 

今回の小さなクラフト展は「道三祭り」と同日開催ということで、46店舗もの出店者さんが境内に所狭しと並びました。

フードや手作り雑貨、古道具など、小さいながらも個性豊かなお店が目白押しです。

ちなみに、道三祭りは岐阜を代表するお祭りの一つで、毎年4月の第一土・日曜日に盛大にパレードや神輿、屋台などで街が賑わいます。

 

出店者さん同士も顔なじみの方が多いようで、和気あいあいとした和やかな雰囲気。

あちこちであいさつが飛び交います。

 

こちらはお馴染みのお花屋さん、フルールクルールさん。名古屋からの出店です。

あれ、リトルの今尾さんが、フルールクルールさんのオススメで、会社用にトネリコの木を買っていました。

トネリコの花言葉は「偉大」「高潔」「服従」。

…「服従」だけがどうしても気になります。

 

季節のジャムの小瓶が並ぶのはsweet-jamさん。各務原のジャム屋さんです。

フルーツのジャムだけでなく、珈琲アーモンドやラムレーズンや、にんじんなど珍しいものも。

 

試食して気に入ったラムレーズンと、珍しいにんじんジャムを購入。

贈り物にも良さそうです。

 

春の訪れは遅く、まだポカポカ陽気に満開の桜にはなりませんでしたが、今回もほっこり暖かさを感じる小さなクラフト展でした。

次回は、2017年6月3日(土)の開催です。ぜひ行ってみてください。

 


小さなクラフト展

偶数月の第一土曜日(寒い2月と暑い8月は開催されません。)

住所:岐阜県岐阜市八幡町 八幡神社

時間 10時半ぐらいから15時半ぐらい

HP   http://gifucraft.com

2017-04-03 | Posted in 岐阜あれこれComments Closed 

関連記事