【岐阜】くじらや/岐阜ランチ

『くじらや』

岐阜の一番のメイン通りである「長良橋通り」。

長良橋通りの沿いに今年2016年6月に新しく、

“おうちごはん・定食が食べられるお店・くじらや”さんがオープンしました。

 

DSC_0020_1

オワリヤ楽器さんより、北に進みます。

柳ケ瀬商店街からは、長良橋通りを挟んで東にあります。

 

DSC_0022_1

到着。

こちらが「くじらや」さんです。

周りのお店に比べてあまり主張をしていない看板なので、気付かずに通りすぎてしまいそうですが、

京都とかにありそうな小料理屋を感じさせるこの外観、お店に入る前からドキドキです。

では早速、入店します。

 

DSC_0024_1

店主さんお1人でお店を切り盛りされているらしく、店内は15人ほどで満席になる大きさ。

 

DSC_0030_1

よく、メディアの取材の申し込みが来るらしいんですが、

「お客さんにたくさん来ていただいても、対応しきれないとご迷惑かかるから…。」

と、お客さんを大切にする気持ちから、取材を断ることもしばしば。

店主さんの温かさを感じます。

 

ランチメニューは「お魚定食」と「お肉定食」があり、日替わりで内容が変わります。

お店の前を通りがかると、いつも違ったメニューが書かれているので、

何が出てくるかは当日のお楽しみです。

注文してから調理されるので、時間は少々かかりますが、出来たてを食べれるので嬉しいです。

 

DSC_0041_1

お魚定食(この日はサバの塩焼)780円

 

DSC_0047_1

お肉定食(この日はホイコーロー)780円

 

このランチメニューの嬉しいところは、なんといっても「小鉢」の種類の豊富さ!

煮付けや和え物など、多彩なラインナップが楽しめます。

 

DSC_0060_1

うん!美味しい!

バランスもよく、ご飯がすすみます。

 

DSC_0053_1

実はこちらの「くじらや」さん、ごはんにもこだわりがあって、

岐阜県産の「ハツシモ」を毎朝「胚芽米」に精米しているんだそう。

ちなみに「胚芽米」とは、米の胚芽を残す特別な方法で精米したもので、白米と玄米の中間。

白米の美味しさと玄米の栄養価の高さ、どちらの良いところももっているのが特徴みたいです。

 

 

DSC_0028_1

ところで、こちらの「くじらや」さん。

クジラ料理も食べれると思いきや、メニューに1つもクジラ料理が載っていません。

 

今の時代、なかなか入手困難なのかな…と思い、

店主さんにきいてみると、クジラ料理は出されないらしいです。

 

えっ!じゃあ何でクジラなんですか?

DSC_0067_1

この「くじらや」の店名は、“営業時間が21時(くじ)まで”からきてるんですよ、と笑いながら

店主さんが教えてくれました。

 

 

21時(くじ)までの「くじらや」さん、ランチの定食の他にも、

単品で頼める串カツや“あげもん”、夕方からの「ほろ酔いセット」など、

おうちごはんとお酒と一緒に楽しめるメニューもあります。

 

「おうちごはん」と書いてあるとおり、

ゆっくりと“おうちでごはんを楽しむ”感覚で過ごせるお店です。

その感覚でぜひお店に行ってみてくださいね。

 

 

 

 

おうちごはん・定食 くじらや

住所:岐阜市神田町3-4

営業時間:11時30分〜21時(くじ)

定休日:日曜日

2016-08-20 | Posted in 岐阜ランチ(お昼ご飯)Comments Closed 

関連記事